画像

写真拡大 (全2枚)

 Airbnb Japanとカルチュア・コンビニエンス・クラブは、日本でのホームシェアリングサービスの普及と拡大におけるマーケティングについてパートナーシップ契約を締結した。

 Airbnb Japan(以下、Airbnb)とカルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)は、パートナーシップ契約を締結した。同契約により両社は、日本でのホームシェアリングサービスの普及と拡大を目指しマーケティング活動を展開していく。

 今回の契約は、「暮らすように旅をする」をコンセプトに旅のあり方の変革を目指すAirbnbと「新たなライフスタイルを提案する」企画会社であるCCCのビジョンが合致したため、締結に至った。

 また、両社はすでにCCCのマーケティング力を活用し「日本流のホームシェアリング」の在り方を啓発する活動を進めている。具体的には、5月27日より「日本流のホームシェアリング」を啓発するための特設サイトを開設し、代官山T-SITEでも店舗全体を活用したプロモーションを実施している。

 さらに今後両社は、5月31日からSHIBUYA TSUTAYAで同様のプロモーションを実施。加えて、CCCが有するオンライン・オフラインメディアを活用したマーケティング活動や部屋を貸す側であるホストに新規登録するとTポイントを付与するキャンペーンなどを2016年中に行っていく予定だ。

MarkeZine編集部[著]