静かなスペースをひとりじめ! 仕事場として使える美術館が登場 / クリエイティブな空間でグッドアイディアがひらめくかも!?

写真拡大

美術館のようなクリエイティブな空間に身を置いていると、脳が活性化されるような気がしませんか。では、そんなところで仕事をしたらどうでしょう? いつも以上にはかどってグッドアイディアがひらめきそうじゃないですか。

東京・西新宿に6月1日、ひとり占めして仕事や読書ができるプライベート美術館「はたらける美術館」がオープンします。これがとってもステキな空間で、「視野を広げて仕事をしたい!」「朝時間を創造的な時間にしたい!」「みんなでいいアイディアを出しあいたい!」というビジネスウーマンにはオススメなのですっ。

【自分だけのプライベート美術館】

「はたらける美術館」とは、「Everyone’s Private Museum」をコンセプトとしたプライベート美術館。予約した時間はひとり占めして、和の落ち着いた空間で絵画に囲まれて過ごすことができちゃうという場所なんです。

「はたらける美術館」のサイトによれば、絵画があることで知的刺激を受けて脳が活性化するとともに、美術館という空間がリラックス効果ももたらしてくれて、創造的な時間が過ごせるといいます。

【禅の空間で絵画を眺めて…】

今回オープンする「はたらける美術館 西新宿店」のコンセプトは「ZEN」。ヒノキをあしらったトンネルや漆喰の壁と天井、真っ白な石砂利の上を進めば、そこは自分だけの美術館。室内に掲げる絵画は自分で選ぶことも可能です。

また、電源やWi-Fiなども用意されているので、パソコンを持ち込んでの作業もできちゃいます。

【早朝から夜まで】

開館時間は午前7時から午後8時まで。頭が冴えている朝の時間に企画立案や課題発見などのクリエイティブな仕事をしてみたり、グループで貸し切ってみんなでアイディア出しをしてみたり。仕事以外にも、お気に入りの本をじっくり読んだり、いろんな使い方ができそうです。

【「創造する場」を創出】

この事業は学生の起業支援などを行うGOB Incubation Partnersと、至峰堂画廊・銀座店が手掛けるもの。遊休スペース(主にワンルーム)をリフォームして、本物の絵画を掲げることで創造的な空間を演出。「作業する人」ではなく「創造する人」が求められる現代、オフィスも「作業する場」から「創造する場」にする必要があるという考えから、このスペースが生まれたそうです。

「はたらける美術館」の利用は、ウェブによる事前予約が必要。料金は個人利用なら1時間2000円。現在はオープン特別価格の1500円です。また、貸し切りでは1時間7000円(オープン特別価格5000円)とのことです。

静かに落ち着ける自分だけの美術館なんて、夢のようではないでしょうか! 皆さんも「はたらける美術館」を活用して、クリエイティブな時間を過ごしてみてはいかが!?

参照元:PR TIMES、はたらける美術館
執筆=シナモン (c)Pouch

画像をもっと見る