皆さん、ルマン24時間レースをご存知ですか?実は先日、父に勧められてスティーヴ・マックィーン主演の「栄光のルマン」を観たのですが、すっかりこのレースの虜に・ ・ ・  。

ル・マンでの勝利のために、ドライバーとチームが一丸となって24時間レースに挑む姿がかっこいい! 少しの判断ミスで、大事故になってしまう事も。そんな過酷な状況で、命を懸けて走るドライバー達の姿に心打たれました。また、24時間の長いレースでは何が起こるか分かりません。レース中のクラッシュでマシンを大破したスティーブ・マックイーン演じるデラニーが、マシンを交代し最終盤でライバルのフェラーリと激しく競り合いながら先行車2台を追いかける姿にはしびれました。

1

もっとル・マン24時間レースの事を知りたい! と思い、早速調べちゃいました。

■世界一過酷なレース

WEC(FIA世界耐久選手権)の第3戦として開催される唯一の24時間耐久レース(通常は6時間)がル・マン24時間レースです。走行距離は24時間で6000キロメートル! 「世界一過酷なレース」と言われています。また、世界三大レース(ル・マン24時間レース、F1モナコGP、インディ500)の一つでもあります。

■伝統的なレース

フランスのル・マン近郊にあるサルト・サーキットで開催され、ル・マン市内では6月12日(日)と13日(月)に公開車検、17日(金)にはドライバーズパレードが行われるなど、町全体がお祭りムードに。今年で84回目の伝統的なレースで、「ル・マン」という愛称で親しまれています。

ちなみに、ル・マンの初開催は1923年(大正12年)。日本で関東大震災が発生した年です。レースが中止されたのは、1936年(フランス自動車工業界のストライキ)と、1940年〜 1948年(第二次世界大戦と戦後の疲弊と混乱)の間だけ。

日本の歴史を見ると、ル・マンがいかに歴史のある伝統的なレースかが分かります。

■4クラスに分けられた車両が混走でレースを戦う

車両は大きく分けてスポーツプロトタイプカーとグランドツーリング(GT)カーの2種類があります。その中でも車両規定などにより更にクラス分けをし、「LMP1」「LMP2」「LMGTE-PRO」「LMGTE-AM」の4つのクラスで争われています。

レース専用に設計された車で公道を走ることができず、量産もされていないスポーツプロトタイプカーのLMP1とLMP2。

LMP1は自動車メーカー系ワークスや有力プライベーターが参加する独自設計が許されており、ハイブリッドカーを対象とするLMP1-Hybridと、ハイブリッドカー以外を対象とするLMP1non Hybridに車両規定が分かれています。

LMP2は、プライベーターを対象とした市販シャーシと市販エンジンの組み合わせに限定され、車両価格やエンジンの上限額が設定されている他、シャーシも最低2種類のエンジンが搭載できることなど、制限が大きいのが特徴です。

一方GTカーは元々量産・市販されている車をベースにレース用に改造したクラスで、LMGTE-PROとLMGTE-AMの2クラスに分けられています。

この2クラス、車両規定は全く同じなのですが、一番の違いはドライバー! クラス名を見てお気づきの方もいるかと思いますが、LMGTE-PROとはプロドライバーを対象としたクラスで、LMGTE-AMはアマチュアドライバーを対象としたクラスなのです。プロドライバーとアマチュアドライバーが一緒のレースで走っているとは驚きました。

このように、多様なマシンとプロドライバー、アマチュアドライバーが混走してレースを競うので、オーバーテイクシーンも多く見られ、ますますレースがおもしろくなること間違いなしです。

■7人の日本人ドライバーが参戦

60台27カ国 合計180名のドライバーで争われるル・ マンですが、その中になんと! 日本人ドライバーが7人も参戦!

LMP1に中嶋一貴選手(5号車/ トヨタ)、小林可夢偉選手(6号車/ トヨタ)。 LMP2には、中野信治選手(34号車/ レース・ パフォーマンス)、平川亮選手(46号車/ ティリエ・ バイ・ TDS)、松田次生選手(47号車/ KCMG)。そして LMGTE- AMには山岸大選手(50号車/ ラルブル・ コンペティション)、澤圭太選手(61号車/ クリアウォーター)が参戦します。

各カテゴリーで活躍している7人のドライバー達が、世界最高峰の耐久レースでどのような走りを見せてくれるのか楽しみですね。

またSUPER GTやSUPER FORMULAにも参戦経験のある、アンドレ・ロッテラー選手(7号車/アウディ)とロイック・デュバル選手(8号車/アウディ)も参戦します。

 

笑顔が素敵です! 女性ファンの方、多いのではないでしょうか。日本のレースでもお馴染みのロッテラー選手とデュバル選手の走りも、注目したいところですね。

■LMP1クラスは強敵揃い

トップカテゴリーのLMP1クラスには、最新技術を駆使したハイブリット車で総合優勝を目指すメーカー系チームの、ポルシェ、アウディ、トヨタの3チームをはじめ全5チーム9台が参戦。

この3チーム中で、ル・マン最多優勝記録はポルシェの17勝。今シーズンは、2戦が終わった時点でWECシリーズのランキングトップにたち、世界王者の強さは健在です。

13勝の記録を持つのが、アウディ。2016年WEC第2戦のスパフランコルシャン大会では、8号車のルーカス・ディ グラッシ選手、ロイック・デュバル選手、オリバー・ジャービス選手が2位以下に2ラップの大差を付けて優勝。アウディの強さを証明しました。

日本メーカーのトヨタは2014年の年間チャンピオンになりながらも、残念ながらル・マンでは優勝していません。今年こそは悲願のル・マン優勝を目指して欲しいです!

決勝のスタートは6月18日(土)の現地時間午後3時(日本時間午後10時)から。一体どんなドラマが生まれるのでしょうか。

普段は【F1女子】として執筆していますが、ル・マンが終わるまで【ルマン女子】に変身☆一人でも多くの方にル・マンの魅力や歴史、そしてトヨタの挑戦をお届けできたらなと思います!ぜひ読んで下さいね。

(yuri)

PR【レビュー待ち】【Bonjour! ルマン女子密着レポート vol.1】ルマン女子始動! 世界一過酷なレースに挑戦するニッポンのトヨタ!(http://clicccar.com/2016/05/29/373637/)