中国人旅行客による爆買いが大きな注目を集めた2015年。日本ではすでに爆買いは目新しいものではなくなっており、各商業施設やドラッグストアは中国人旅行客の呼びこみに今なお躍起となっている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国人旅行客による爆買いが大きな注目を集めた2015年。日本ではすでに爆買いは目新しいものではなくなっており、各商業施設やドラッグストアは中国人旅行客の呼びこみに今なお躍起となっている。

 中国人旅行客に人気のある商品は各種家電製品のほか、包丁や医薬品など多岐にわたるが、中国メディアの中国投資咨訊網はこのほど、中国人はなぜ「歩く財布」と形容されるのかを考察する記事を掲載した。

 記事は、中国人旅行客による爆買いは日本に限った現象ではなく、米国や韓国、ドイツなど多くの国で見られることを指摘し、中国人の莫大な消費が現地に多大なる経済効果をもたらしていることを指摘した。

 さらに、中国人がわざわざ国外で消費を行うのは主に「価格」が理由であるとし、中国国内で1つしか購入できないものが、米国では同じ金額で2つ購入できるほど価格差がある場合もあると紹介した。一方、日本の場合は「価格」が理由ではないとし、その動機は「日本製は安心である」という保障があるためだと論じた。

 中国では経済成長にともなって、人びとの生活水準も向上しており、生活の質に対する需要が高まっていると指摘し、中国製品は不安だが、日本製品ならば安心して購入できる上に、生活の質を向上させてくれると指摘。さらに群集心理も加わり、中国人旅行客は日本で日本製品を爆買いしているのだと主張した。

 中国の消費者が日本製品を信頼している様子が伝わってくるが、現在のように大量の中国人旅行客がいつまでも訪日して爆買いするとは考えにくい。特に粉ミルクやオムツのような日用品を日本まで買いに来るのは非現実だ。すでに中国に向けた越境ECが盛り上がっているが、今後は中国人消費者が購入したいと思った日本製品を安心、迅速に手元に届けられるような体制を整えることが求められるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)