外国語をリアルタイムで機械が翻訳してくれるイヤーデバイスが登場! 世界各国の人と手軽にコミュニケーションできる時代が到来!?

写真拡大

世界中の人と話をしてみたい。誰もが1度は抱くであろうこの思いをスマートに実現してくれるのが、本日ご紹介するアイテム「Pilot」。

「Pilot」はいわば、言葉の壁を無くしてくれる、イヤホン。こちらを耳に入れて、スマートフォンへ専用アプリをダウンロードし連動。そうすれば自動的に、目の前でおしゃべりする相手の言語を認識し、機械が翻訳してくれるんですって!

【世界各国の言語を通訳】

米NYにあるWaverly Labs社が開発した「Pilot」は、これを身につけている者同士でのみ、会話をすることができるアイテム。

翻訳できる言語は英語、スペイン語、フランス語、イタリア語などの予定で、今後はさらに増やしていく予定なのだそう。東アジアやインド、アフリカなどの言語も取り入れるよう視野に入れているようです。

【方言も訳してくれるんだって!】

また公式サイトによれば、「各国の方言にも対応できるよう設計されている」とも。アクセントの強度によって音声認識が困難な場合もあるそうですが、ここまで網羅している点に感心! 方言ってだけで、一気に難易度上がっちゃうものねぇ。

そうそう、それからこちらは、機械翻訳によって会話ができるだけでなく、普通のイヤホンのように音楽を聴くことができるスペックも兼ね備えているそうよ。

【クラウドファンディングサイトにも登場】

「Pilot」は5月25日(水)、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」にプロジェクトを立ち上げており、早割価格129ドル(およそ14,200円)のプランは既に完売中。注目度の高さが伺えます。

手にとって実際に使用してみたくなる、手軽な同時音声翻訳機。今後世界に大きく広がる可能性を秘めたアイテムですね。

参照元:Waverly Labs、Facebook / Waverly Labs、Indiegogo
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る