いまやロールス・ロイスといえば、ベントレーとともに英国を代表する高級車ブランドで、紳士淑女あるいは成功を収めた人が「上がり」で乗るイメージがあるかもしれません。

1

2016年のジュネーブモーターショーに登場し、5月25日に日本で初めてお披露目された「レイス・ブラック・バッジ」は、「自信みなぎる今日の若い型破り世代」をターゲットに据え、「妥協せず、言い訳をしない生き方とライフスタイルをおくる世代」に向けたモデルとのこと。

外観では、車名どおりブラックがキーワードになっていて、「ブラック・バッジ」のフロントエンド、サイドパネル、リヤのダブルRバッジが配色を反転させてブラックを背景にしたシルバーとなっているほか、フロントグリルの縁や、トランクリッドの仕上げのアクセント、ロワーエアインテークのアクセント、エキゾーストパイプなどのクローム・サーフェスがダーク調に変更。

さらに「ブラック・バッジ」は、ブラックカラーにも、新しいレベルの色彩強度を付与。

ペイントとラッカーを何層も重ね塗りしたうえ、手作業で繰り返しポリッシュして仕上げられています。ソリッドカラーとしては異例といえる塗装とポリッシュに多くの手間がかけられているのも特徴で、量産車としては前例のない深みと黒色度、色彩を持つブラックカラーとして昇華されています。

車内の「ブラック・バッジ・キャビン」は、航空宇宙技術由来のアルミニウム合金製糸の織物とカーボン・ファイバーからなるコンポジット材サーフェスを採用。「ブラック・バッジ」のダッシュボードとリヤのエアアウトレットは物理蒸着によってダーク調に仕上げられ、圧倒的といえる上質感を演出。

エンジンは6.6LのV12気筒で、8ATとの組み合わせにより632psという圧倒的なアウトプットを誇るだけでなく、このハイパワーに追加のトルク(+70Nm)が加えられているのも特徴です。

さらに、エアサスペンションのチューニングや新しいドライブシャフト、8ATなどにより、ドライバーズカーとしての資質も向上。もちろん、ロールス・ロイスが誇る流「魔法のじゅうたん」の乗り心地は犠牲になっていないそう。

なお、価格などは発表されていませんが、2016年末までには発売するとアナウンスされています。

(塚田勝弘)

「若者向け」のロールス・ロイス!? レイス・ブラック・バッジを日本初披露(http://clicccar.com/2016/05/30/374158/)