28日、中国メディアの銭江晩報は、中国浙江省杭州市に、女性専用の駐車スペースができたことを伝えた。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年5月28日、中国メディアの銭江晩報は、中国浙江省杭州市に、女性専用の駐車スぺースができたことを伝えた。

杭州市では初となる女性専用の駐車スペースは、ピンク色のラインが引かれ、スカートを履いた女性のマークがついていて、一目で女性専用と分かるようになっている。しかも、駐車スペースは通常の1.5倍と広く、駐車しやすくなっているという。

この女性専用駐車スペースについては、「女性ドライバーにとっての福音」との意見がある一方で、「女性ドライバーは駐車が下手とは限らず、これは明らかな差別だ」との見方もあるという。

このニュースが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「女性に対する尊重は文明社会を測る基準だ」
「福音だろうが差別だろうが、ないよりはあった方がいいだろ」

「性差別の副産物ですね」
「なんでトイレは男女で分かれていても差別とは言わないの?」

「劣等感があると差別だと感じ、自信があれば気遣われていると感じる」
「女性ドライバーより駐車が下手な男を見たことがあるけど、彼はこの駐車スペースを使ってもいいかな?」

「新人ドライバーのためのスペースにした方がいいと思うな。駐車がうまい女性も多いよ」
「一部の女性ドライバーは運転技術が下手なだけでなく、道理が通じない。差別するわけではないが、こういう女性にしょっちゅう遭遇する」(翻訳・編集/山中)