26日、シンガポール英字紙ザ・ストレーツタイムズは記事「中国、人々を引きつける矛盾複合体」を掲載した。世界は複雑な中国を理解するべく努力しなければならないと主張している。写真は中国の若者。

写真拡大

2016年5月26日、シンガポール英字紙ザ・ストレーツタイムズは記事「中国、人々を引きつける矛盾複合体」を掲載した。28日、環球時報が伝えた。

「中国は共産主義国家だ、権威主義体制だ」など、中国の性格をシンプルに表現してしまう人がいるがそれは間違いだ。14億人の人口を持つ大国は多元的で矛盾に満ちた存在だ。共産主義でありながら資本主義でもある。パクリ国家と批判もされるが、一方でイノベーションの力にも満ちている。

複雑な中国を単純に類型化することは大きな問題を引き起こす。外交一つをとってみても、中国の意図を読み間違えることにつながるだろう。中国は自らを表現することを学ばなければならないが、それ以上に世界は中国の複雑性を理解するよう努力しなければならない。(翻訳・編集/増田聡太郎)