25日、韓国で「気分障害」や「不安障害」など精神の健康異常を訴える20代女性の割合が急増していることが明らかになった。写真は韓国。

写真拡大

2016年5月25日、韓国・聯合ニュースによると、韓国で「気分障害」や「不安障害」など精神の健康異常を訴える20代女性の割合が急増している。

韓国保健社会研究院のチョン・ジンア副研究委員が「精神疾患実態疫学調査(2001〜2011)」や「国民健康栄養調査(2007〜2014)」などの資料を分析した結果、うつ病性障害や双極性障害などの「気分障害」を発症した18〜29歳女性の割合は、2001年の2.8%から2011年には6.1%に急増したことが分かった。また、強迫性障害や外傷後ストレス障害、パニック障害、広場恐怖症などの「不安障害」の同年代女性の発症率は、2001年の9.1%から2011年には12.6%と大きく増えている。「精神障害」全体の発症率も、2001年の16.1%から2011年には20.1%と上昇している。

チョン副研究委員は、この原因について「女性の社会参加が活発になり、就職や結婚、妊娠、出産などの急激な変化が、女性の精神障害の発症率に影響を及ぼすものとみられる」と分析している。

これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「女として生きるのが大変な大韓民国」
「結婚して出産したら、今よりもっとストレスを受ける。女は一人で生きて行くのが幸せ」
「韓国の既婚女性の大部分が夫や夫の家のことで悩んでいるらしい」

「男女とか関係ない。みんなストレスを感じてるよ」
「こんな時代にストレスを受けないわけがない」
「生活の質は昔より良くなったけど、心は前より憂鬱になった」
「何もかも憂鬱。今や面白いテレビ番組を見ても憂鬱」

「韓国は自殺率も1位だし、みんなおかしくなっているっていうのに、競争を強化すべきだという財閥の支配イデオロギーが牛耳っている。そもそも大統領と政府からしておかしい。成果給に成果年俸制。やることがすべて狂っている」
「李明博(イ・ミョンバク)大統領から朴槿恵(パク・クネ)大統領の8年と、セヌリ党の長期政権が続く今の韓国では就職は難し過ぎるし、結婚もしたくないし、出産なんてもっと嫌だし、もう諦めた。これからは老後の準備をしながら暮らすつもり」(翻訳・編集/松村)