週明けの朝。背中を押してくれるプレイリスト

写真拡大

週の始まりは、なかなか仕事モードに戻れません。

でも、ダラダラした気持ちで会社に行きたくない。

そんなときに、自然と気持ちを切り替えてくれるのが、音楽。

聴くだけでやる気を出してくれる曲を、斉藤迅さん著『Switch Song 一瞬でやる気を引き出す38のスイッチソング』(文響社)で見つけました。

ポジティブな気持ちが湧いてくる

世界中で大ヒットした、Pharrell Williamsの『Happy』。口ずさみたくなるアップテンポな曲調が印象的です。

「だって僕はハッピーだから

それこそがやりたいことなら、さぁ、一緒に手をたたこう」

自分はハッピーだと言い切ることで、本当にそう思えてくるから不思議。気持ちが重い朝でも、自然と足どりが軽くなりそう!

無駄にできる時間なんてない

ポップスの女王・Madonnaの『Jump』は、人生がうまくいっていないときに聴きたい一曲。

「そろそろ私の道を通す番よ

どんなことがあろうと怖くない

むしろ、ここに居続けることのほうが怖いわ」

上を目指して失敗することよりも、現状で立ち止まることの方が怖いという、Madonnaらしい歌詞です。常に先頭をきってチャレンジし続ける彼女に、ついていきたくなります。

気合いをいれたいときにぴったり

気合いをいれたいときには、Survivorの『Eye Of The Tiger』。

このイントロ部分は、聴いたことがある人も多いはず。映画『ロッキー3』のテーマ曲に使われ、いまでもTVなどでよく流れてきます。

自分のなかの闘争心が掻き立てられ、勇ましい気持ちにしてくれる曲です。大切なプレゼンを控えているときに聴きたい!

何かいいことが起こりそう!

大人気グループThe Black Eyed Peasの『I Gotta Feeling』は、全米14週1位を獲得したヒット曲。

「なにかいいことが起こりそう」そんなことを考えるだけで、一日のスタートを気持ちよくきることができます。

また、彼らが送ってきた、長く厳しい下積み時代を知れば、より勇気をもらえるはずです。

さっきまでなんとなく塞いでいた気持ちも、音楽を聴いて少し軽くなった気がします。

[Switch Song 一瞬でやる気を引き出す38のスイッチソング]

この記事を気に入ったら、いいね!しよう

GLITTYの最新情報をお届けします。

FOLLOW US ON Twitter

FOLLOW US ON Instagram

photo by PIXTA

文/グリッティ編集部