28日、韓国・聯合ニュースによると、韓国のセマングム開拓庁は27日、中韓両国が同日ソウル市内のホテルで第14回中韓経済部長会議を開き、全羅北道「セマングム干潟」の開発、投資などで協力することで一致したと発表した。資料写真。

写真拡大

2016年5月28日、韓国・聯合ニュースによると、韓国のセマングム開拓庁は27日、中韓両国が同日ソウル市内のホテルで第14回中韓経済部長会議を開き、全羅北道「セマングム干潟」の開発、投資などで協力することで一致したと発表した。環球時報(電子版)が伝えた。

セマングム開発庁は中国に対し、両国が「セマングム干潟開発地域」で投資誘致、規制緩和を進めることを提案。開発地域内の「中韓共同開発区」の範囲を広げることも呼びかけた。

韓国側は中国江蘇省塩城市にスタッフを派遣。セマングム、塩城の両市が協力して開発を進めることも提案する。(翻訳・編集/大宮)