27日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本人男性の多くが財布を尻ポケットに入れていることに中国人は驚いていると伝える記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年5月27日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本人男性の多くが財布を尻ポケットに入れていることに中国人は驚いていると伝える記事を掲載した。

記事は、日本メディアの報道を引用し、日本旅行へ行った中国人の多くが、日本人男性は財布を後ろポケットに入れていて、しかもよく見えるため、「日本にはスリがいないのか」と驚くと紹介。実際のところ、日本にスリがいないわけではないが非常に少なく、犯罪率も低いと伝えた。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本とは確かにそういうところだ」
「日本は治安が最も良い国の1つ」
「全体的な民度ではまだまだ日本に追いつかないな」

「実際には財布にお金は入っていなくて、財布のブランドを見せているだけだろう」
「でもアジア大会でカメラを盗んだ日本人選手がいたことを忘れるな」
「日本にだって泥棒はいるし、中国にも財布がポケットから見えている人もいる」

「日本人の泥棒は中国に来てるんだよ。日本人は財布にあまりお金を入れないが、中国人の財布には現金がたっぷりだから」
「いずれにしても、中国では絶対に財布を見せて歩いてはだめだ」
「俺は毎日尻ポケットに財布を入れているが、盗られたことはないぞ。中国人全員がスリというわけではない」(翻訳・編集/山中)