【すごい迫力】融解した超高温の塩をココナッツとスイカに注いだところ……大爆発を起こしたーーー!!

写真拡大

YouTubeでさまざまな科学実験を公開し続けているユーチューバー、The Backyard Scientistさんがこのたび行ったのは、「ココナッツとスイカの中へ溶融塩(ようゆうえん)を入れたらどうなるのか」という実験。

溶融塩とは、塩を加熱して融解状態にしたもの。食卓塩を炎が燃えたぎる中へ入れて10分放置、摂氏700度以上になったところで、真っ赤になった塩がドロドロに溶けています。これを、ドリルで穴を開けたココナッツおよびスイカの中へ投入!

さてみなさんは、この後一体どうなるのか、わかる? スローモーションカメラで撮影されたその全貌を、それではさっそく見てみることにいたしましょうね。

【ば、爆発したーーー!!】

一定の距離を保ち、まずはココナッツの中へ溶融塩を入れたTheBackyardScientistさん。するとその直後、真っ白な煙を噴き上げて、ココナッツが小さく爆発しました。

わりと大きな爆発だったにも関わらず、彼は不満げ。再度トライしたところ、今度はさっきの10倍くらい大きな爆発が起こったーーー!! ココナッツが粉々に砕けて、身が四方に飛び散ってるよおおお!!

【大きなスイカも大爆発】

その後は、ココナッツよりも大きなスイカに溶融塩を投入。するとこちらも負けじと、大爆発! あまりのパワーに圧倒されて、しばし言葉を失っちゃうわ……。

【水分に反応したみたい】

なんでも溶融塩は水分を一切含んでおらず、水に触れると大きく反応し、爆発を起こすのだそう。ココナッツもスイカも多量に水分を含んでいるため、ド派手に爆発、身がはじけ飛んだというわけです。

なおTheBackyardScientistさん、は過去にも水槽を思いっきり爆破するという溶融塩実験を行っておりまして、こちらもかなり衝撃的。爆発物を取り扱っているにしてはやけに軽装な彼の身をつい案じてしまう実験動画を、それではさっそくご覧になってみて!

参照元:YouTube / TheBackyardScientist
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る