等高線がリアルタイムで変化する「AR砂場セット」の動画

写真拡大

砂を動かして地形をつくると、等高線がリアルタイムで変化する「拡張現実(AR)砂場セット」。仮想の雨も降らせることができる。

山や谷、川、湖。「拡張現実(AR)砂場」セットを使えば、独自の地形を誰もがつくれる。

「等高線がリアルタイムで変化する「AR砂場セット」の動画」の写真・リンク付きの記事はこちら

「Kinect」カメラ、プロジェクター、砂が入った大きな桶型容器、無料ソフトからなるこのセットでは、砂山の上に、アニメーション化されたカラフルな地形図が見える。両手で丘や山を動かすと、この地形図はたえず最新の状態になる。

仮想の「雨」も降らせることができる。動画のいちばんの見どころは、「神」が雨を降らせて大洪水を起こし、目に見えぬ何千人もの住民が水中の墓場に送り込まれるところだ。

WIRED USは2013年に、カリフォルニア大学デーヴィス校のオリヴァー・クレイロスが作成した「AR Sandbox」についての記事を書いた(文末に動画を紹介)。同氏は自身のホームページに説明書の総合セットも公開している。

いまは、もっと簡単に自作できる。Linux搭載ハードウェアメーカーのSystem76社が、必要な無料ソフトをすべて用意し、チュートリアルを作成しているからだ。さあ、自分が想像する砂の世界を創って、破壊しよう!