ホストにハマる女性とジャニヲタが求めるものは同じ
【本当の愛をめぐる冒険/第3回 元ホスト、経営者・手塚マキVol.3】

 パートナーと10年付き合っているゲイライターの渋谷アシルが、「本当の愛とはいったいなにか」を追求する冒険に出発。恋愛や男女関係のスペシャリストたちに話を聞いてまわります。

 第3回のスペシャリストは、元ホストでありながら、2014年にアーティスト集団「Chim↑Pom」のエリイさんと結婚し、新宿をデモ行進のように練り歩く斬新な“結婚式”も話題になった、ホストクラブ経営者の手塚マキさんです。

◆お客さんはホストに愛を求めている?

 世の中には打算的で見返りを求める愛情が溢れていると言う手塚さん(※前回参照「サラリーマンはホストよりも遊んでいる!?誠実さと職業は関係ない」)。ホストクラブを訪れる女性も増え続けているんだとか。彼女たちはいったい、何を求めているの?

「ホストクラブが好きな女性って、ジャニーズとかブランドもののバッグにお金をつぎ込む心情と似ているんです。そこにあるのは、日常生活で足りない部分を、お金を使って満たそうとするだけ。でも、それって別に悪いことではないですよね」

 なんでもお金で買える世の中。自分の生活や心に足りないものがあって、それが売っているなら、買ってしまうわよね。本人が自分の責任の範疇でやっていることなら、周りがとやかく言うことじゃない。

「ホストって結局、嗜好品なんですよ。お腹が空いたらご飯を食べなきゃいけない、身体を冷やさないように服を着なきゃいけない。でも、ホストは別になくたって困らない。だけど、それじゃ人生つまらないから、そこに彩りを与えるためにホストが存在しているってだけ。それ以上でもそれ以下でもないんです」

◆愛情は“商品”になっても割り切れない

 ホストは“人生の彩り”で、それ以上でも以下でもない。とはいえ、愛や情はなかなかそう割り切れるものではないのでは?

「そうですね、ホストだって人間ですし、ほとんどのホストが『女=お金』と見ていない。SNS全盛の時代、そんなホストはすぐ淘汰されてしまいます。そして、そこは男と女。サービス、奉仕という意味での愛情から、普通の恋愛感情に変わることだってあり得る。これは、一般社会に置き換えたってそうじゃないですか?」

 仕事でやりとりする相手に対して、「好みのタイプだから」「気になるから」という理由で親切にしたりすることは誰にでもあるもの。人間の気持ちなんて、いくら割り切ろうと思っても、そう簡単に割り切れるものじゃないですよね。割り切れないから楽しいし、難しい……。

 さて、これまでホスト社会の視点から愛について語ってくれた手塚さん。最終回となる次回は、手塚さん自身の恋愛観・結婚観に迫ります!

☆今週の格言:どんなカタチの愛も割り切れない

※手塚マキさんインタビューVol.4へ続く

【手塚マキ プロフィール】
元ホストで歌舞伎町のホストクラブのグループ「Smappa!Group」会長。
歌舞伎町の街角を24時間生放送するスタジオ「TOCACOCAN」の運営も手掛ける。

<TEXT/渋谷アシル>
【渋谷アシル プロフィール】
昼間は会社員の仮面をかぶった、謎のゲイライター。これまでお付き合いしてきたオトコをネタに原稿を執筆する、陰険な性格がチャームポイント。オトコに振り回される世の女性のために、ひとり勝手にPCに向かう毎日。