汚い服はどれも同じような不快な匂いを発しているが、この匂いの原因となっているのは何だろうか?資料写真。

写真拡大

汚い服はどれも同じような不快な匂いを発しているが、この匂いの原因となっているのは何だろうか?研究者は匂いの原因が、細菌が放出するガスであることを発見した。この細菌は服に残された皮膚細胞、汗、その他の体液を分解する。中国科学報が伝えた。

研究者は被験者に汚い服を着せた後、彼らの匂いをかぎ、匂いの格付けを行った。科学者はさらに分光計を使い、被験者の揮発性有機化合物を分析した。科学者は学術誌「色譜雑誌」に掲載した記事の中で、汚い服から6種類の揮発性有機化合物を発見したと報告した。彼らはさらに、環境にやさしい手段で洗濯するとこの化合物は減少するが、ガスはなくならないことを発見した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)