白石あさえの目指せコースデビュー! 連載●第9回 
〜カリスマコーチ内藤雄士がビギナーのために特別レッスン〜

【格好のよいスイングを作るコツ】

内藤雄士コーチ:以下内藤 前回のレッスンでトップからフィニッシュまでの注意点をレッスンしましたが、どうしても形をうまく作れない部分がありましたね。

白石あさえ:以下白石 そうなんです。鏡で見ながらだとできるんですが、自分でやるとどうしても内藤コーチのような格好よい形にならないんです。

内藤:では、ここまでの復習も含めて各部の形が格好よくなるコツをレッスンしていきましょう。

白石:よろしくお願いします!

内藤:まずテークバックですが、白石さんはクラブを大きく上げることを意識しすぎて、頭が右サイドに流れすぎています。アドレスからトップまでは手元やクラブを動かすことよりも、胸をターゲット方向と逆側に向けるだけでいいんです。このとき、頭が右に流れないように注意してください。白石さんは大きく振りかぶろうとして、頭が右に動いてしまっているんです。

白石:その場で体を回す感覚でいいんですね。

内藤:そうです。体を回転させるだけで、右足に体重は乗ります。右足に意図的に体重を乗せていかなくても体重移動は行なわれるので安心してください。

白石:体重移動ですか?

内藤:ゴルフのスイングはトップで右足に体重が乗って、インパクトからフォローにかけて左足に体重が移動していきます。右から左への一方通行の動き(右打ちの場合)がゴルフのスイングの特徴ですが、これを意識しすぎるとスエーと言って、重心ではなく体が流れる悪い動きになってしまうわけです。

白石:なるほど。よくわかりました。

内藤:次はフォロー側ですが、ここには2段階の動きが入ります。まずインパクト後はボールがあった位置を見続けるつもりで頭を上げずに振り抜きます。ここではもっと腰を回転させて、左足の股関節に体重が乗るようにします。

白石:左足の股関節ですか?

内藤:そう。右足をベタ足にしたままで、腰を回転させて胸をターゲット方向に向ける。このとき、顔はボールがあった位置を見たままです。

白石:結構きついですね。

内藤:そうでしょう。右手を右腰にあてて、ぐっと押す感じで腰を回してみてください。すると左足に体重が乗ったフォローになります。

白石:普通の生活の中では使わない動きなので、本当に難しいですね。でも、右手で腰を押す動きはわかりやすかったです。しっかり、きっちり覚えていきたいと思います!

●各プロセスの形を整えて、見た目をきれいに

手元を遠くに上げようとせずに、胸をターゲット方向と逆側に向けることだけを意識すればよい。

目標方向を早く見てしまうと、体の開きが早くなって、ビギナーに多いスライス系のミスになりやすい。

2人のフォームを比較してみる。足の形が漢字の「入」になっている内藤コーチに対して、白石さんは左足の股関節に体重が乗っておらず、腰が引けた形になっている。

腰を回す感覚がつかみにくいようなら、右手で右腰を押すように回すと正しい形になりやすいと、内藤コーチがアドバイス。

まだ形は完璧ではないものの、しっかり頭が残ったスイングになってきた白石さん。コツをつかんで、格好のよいスイングに近づいていることがわかる。


(内藤雄士プロフィール)
ないとう・ゆうじ●1969年生まれ。東京都出身。日本大学ゴルフ部出身。ゴルフ部在籍中に渡米し、アメリカの最新理論を習得。1998年にプロゴルファーを教えるツアープロコーチとして活動を開始。日本にツアープロコーチという概念を持ち込んだパイオニア的存在で、丸山茂樹の米ツアーでの活躍の立役者となった。その後も多くのプロのサポートを行なう傍ら、ジュニアゴルファーの育成にも積極的に取り組み、日本ゴルフ界の根本的レベルの底上げに尽力している。ゴルフを中心としたメディアでのレッスンのほか、ゴルフネットワークでのトーナメント解説など、活躍の場は多岐にわたっている。

(白石あさえプロフィール)
しらいし・あさえ●1991年生まれ。千葉県出身。昨年念願だったグラビアデビューを果たし、2016年1月発売の週刊プレイボーイ6号で披露したパーフェクトボディが注目を集める。学生時代はバスケットボールをしていたというスポーツウーマンで、普通免許のほかに大型自動二輪免許も持っている。華奢な見た目からは想像がつかないアクティブな一面を持つ彼女だが、ゴルフはクラブを触ったことがある程度という全くの初心者。「ゴルフはやってみたいと前々から思っていました。今回の企画を通して、コースデビューすることが楽しみです」。身長:164cm B:94 W:60 H:88 血液型:A型

出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato