インスタはハッシュタグが超重要

写真拡大

みなさんInstagramは使っていますか?写真や動画が投稿できるとして人気ですね。日夜クオリティが高い写真を撮影していると思います。しかし、いくらクオリティが高くても誰も見てくれないと悲しいですよね。SNSは手軽に情報発信ができて楽しいですが、投稿を見てもらうためにはフォロワーの存在がとても大切になります。そこで今回は、ハッシュタグを利用して、Instagramのフォロワーを増やす方法を紹介します。

【 写真入り記事は関連記事 「元記事」 からチェック! 】

■ ハッシュタグの重要性

ハッシュタグを使うメリットとして、あなたの投稿が検索されやすくなります。また、適切に使うことで人目に着く時間が長くなるのです。Instagramでハッシュタグを使って検索すると、検索結果に「人気の投稿」と「最新の投稿」の2つの結果が表示されています。一度投稿すると「最新の投稿」に表示され、新しい投稿があると下に追いやられていきます。しかし、「人気の投稿」は一度選ばれると長い間表示されているのです!つまり、「人気の投稿」に表示されれば、人目に着きやすくなり、あなたの投稿に興味を持ってフォローしてくれる方も増えるでしょう。

■ 効果的なハッシュタグの使い方3選

◎ 1:具体的なハッシュタグをつける

ハッシュタグを使うときは、漠然としたものではなく具体的につけなければなりません。Instagramは世界中でリリースされ、多くの人に利用されています。例えば「#tokyo」というハッシュタグを使っている投稿は1千万以上。「#東京」と漢字にしても200万近くあります。そのため、東京で撮影した写真に「#tokyo」や「#東京」とハッシュタグをつけるのではなく、東京のどの場所で撮影したかを具体的に書きましょう。表参道のカフェで撮影した写真をInstagramに投稿するときは、ハッシュタグに「#表参道」「#表参道カフェ」とつけてみます。また、カフェで食べたパンケーキの写真なら「#表参道パンケーキ」とつけるのもいいですね。ハッシュタグを具体的にすることで、表参道に行こうと思っている方やカフェ巡りが好きな方に見てもらいやすくなり、フォローしてくれる可能性が高まります。

◎ 2:ハッシュタグは複数使う

ハッシュタグは1つだけ使ってもいいですが、複数使うと見てもらいやすくなります。「The Ultimate Guide to Hashtags」がハッシュタグの効果的な使い方を調査したところ、Instagramでハッシュタグを使用するときは11個ハッシュタグをつけたときが最も反応があるという結果が出ました。先ほどの表参道カフェを例にすると、「#表参道」「#表参道駅」「#表参道カフェ」「#表参道cafe」「#表参道カフェ巡り」「#表参道コーヒー」「#表参道スイーツ」「#表参道パンケーキ」「#スフレパンケーキ」「#ふわふわパンケーキ」などになります。

◎ 3:投稿する写真はテーマを決めて統一する

あなたが素敵な写真を見つけて、投稿した人のプロフィールを見たとき、過去の写真も同じように素敵な写真ならば、フォローしてみようかなという気持ちになると思います。反対に、一覧で表示された写真がプライベートなものばかりで、テーマや一貫性がないとフォローをためらいますよね。そのため、写真を投稿するときはテーマを決めて投稿してください。カフェの写真、パンケーキの写真、表参道のスポット写真など、何でも良いのでテーマ決めて投稿したほうが、フォローしてもらいやすい傾向にあります。また、投稿した写真に統一性を持たせるためにも、最低でも1つは同じハッシュタグを使いましょう。

■ メディアに掲載されることも!?

企業のプロジェクトやWebメディアがハッシュタグを利用して、写真の募集をしていることもあります。自分の投稿とテーマが近いとは積極的にハッシュタグを使って投稿していきましょう。Instagramの運営担当者の目にとまれば、メディア掲載も夢じゃないかもしれませんよ!

(著:nanapiユーザー・のこりうどん 編集:nanapi編集部)