海辺で?それとも緑に囲まれて?「セルフ前撮り」アイディア集まとめ

写真拡大

少し前までは、結婚式の前撮りと言えばヘアメイク、ロケーション、撮影すべてプロにお任せするのが一般的でした。しかし最近では、自分たちで撮影を行う「セルフ前撮り」が流行っているんです。

ふだん通りの二人の姿を残せる上に、低予算で好きなだけ撮影できるのが魅力。今回は、これからの季節にぴったりなセルフ前撮りのアイディアをまとめてみました。きれいな海か、豊かな自然の中か、どちらにしようか迷ってしまいそう!

◆青い空と白い砂浜で!「海」派

 

meguさん(@megu625y)が投稿した写真 -

花嫁さんがつけていた花冠をフレームにするというアイディア。撮った写真を好きに加工できるのも嬉しいですね。

ドレスにタキシードという決まりはありません!白Tシャツにジーンズで、海にぴったりなさわやかペアルック。

夕方のきれいな青空が広がります。せっかくの前撮りなので、人の少ない時間帯を選んで行きましょう。

漫画のように並べてもキュート!セルフ前撮りなら、当日のウェルカムボードやムービーの素材としてもすぐ使えます。

ドレスでここまで登った、ガッツのある花嫁さん!真似される方はケガをしないよう気を付けてくださいね。

◆フレッシュでやさしい雰囲気に!「自然」派

濃い緑が印象的な1枚。あたりで摘んで作ったような、ナチュラルな花冠とブーケがかわいいですね。

色違いのボーダーを着て。お二人の自然な笑顔を、シロツメクサの花たちがお祝いしているようにも見えます。

 

sakiさん(@smsk_wedding)が投稿した写真 -

こちらの写真は林道で撮影されたそう。木漏れ日がとても美しく、お二人の雰囲気によく合っています。

林を背景に、きれいな「く」の字!ご主人様のジャンプ力の高さがうかがえる、楽しい写真になりました。

 

@kmmtwed_0725が投稿した写真 -

新郎新婦の仲のよさそうな様子が伝わってきます。このように小道具をプラスしても、楽しい撮影になりそう!

◆セルフ前撮り、どんな準備をする?

新郎新婦のどちらか、または2人ともカメラに興味があるのなら、三脚とタイマーを使って撮影をしてもOK。友人に手伝ってもらいたい場合は、早めにスケジュールのすり合わせを行いましょう。

衣装はネットショッピングなどで安めのものを調達すると、当日汚れたりしても気になりません。また、撮影小物を手作りする場合は、余裕をもって取り組みましょう。風の強いところに行くなら、壊れないよう丈夫に作っておきます。

ロケ地周辺のイベント情報は念入りにチェックしておきましょう。いつもは静かなのに、お祭りの日にあたって大混雑!なんてことのないように。

二人の楽しい思い出となるセルフ前撮り。お天気のいい日を狙って、ぜひ出かけてみてはいかがでしょうか。