身長が急に伸びる少年の脳は、体に追いついていない:研究結果

写真拡大

成長ペースの速い10代の少年は、ペースの遅い少年と比べてスムーズな歩き方ができにくいことがわかった。脳が成長速度に追いついていない可能性があるという。

「身長が急に伸びる少年の脳は、体に追いついていない:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

10代の少年は、しばしば、歩き方がぎこちなく不格好なことがある。『Biomedical Engineering Online』誌に発表された新たな研究は、その原因が脳にあることを示唆している。

ボローニャ大学の研究者チームによると、少年の体は急速に成長するので、脳が懸命にそれに追いつこうとし、ぎこちなくて無様になることが多いのだという。成長ペースがそれほど速くなくて徐々に成長する少年は、成長の速い少年と比べて、もっと調和がとれたままでいられることが多いという。

この研究では、15歳の少年88人の計測を行ってから、調査期間中に3cm以上身長が伸びた少年と、身長の伸びが1cm以下だった少年の2グループに分けた。続いて、ひもで両脚にセンサーを取り付け、実験の前後に歩き方を分析した。

少年たちは、歩行中に暗算も行い、歩行制御の「相対的な認識要求」を測定した。

測定結果から、成長ペースが速い少年は、スムーズな歩行があまりできず、歩き方と歩幅が比較的一定でないことがわかった。

「成長期の体は、末梢で起こる変化に順応する期間を必要とする。その期間中、10代の若者はぎこちない歩き方をする可能性がある。徐々に成長している10代の若者のほうが、成長による変化にうまく対応し、規則正しくスムーズな歩行を維持できる傾向がある」と研究チームは述べている。

運動制御の発達を理解することは、認知的物理的な障害を受けた少年たちの治療的支援にとって重要だ、と研究チームは述べている。