本格的な抹茶を気軽に愉しめるので外国人にもおすすめしたい商品だ「振って愉しむ抹茶」(希望小売価格・税抜160円)

写真拡大

伊藤園は、キャップに入った抹茶とボトル内の天然水を振って混ぜ合わせることで、つくりたての抹茶のおいしさを楽しめる「振って愉しむ抹茶」(希望小売価格・税抜160円)を抹茶使用量を増量して6月6日(月)から発売する。

【写真を見る】伊藤園の人気ブランド「お〜いお茶」が“旬”新茶入りで販売中「お〜いお茶 緑茶」(希望小売価格・税抜140円)

「振って愉しむ抹茶」は、緑色のキャップをひねると粉末と内フタが、容器内の天然水に落ちる仕組み。再度緑色のキャップを閉め、あとはボトルを上下によく振るだけで、つくりたての抹茶を味わうことができる。飲む直前に抹茶と天然水をよく振って混ぜ合わせて作るため、茶葉に含まれる栄養素をまるごと摂取できるニュースタイルのペットボトル緑茶飲料だ。

今回は上質な抹茶を使用し、さらに抹茶使用量も増量することで、濃厚な旨味と鮮やかな色を実現している。本格的な抹茶をいつでも手軽に味わうことができ、ほっとひと息したい時にもぴったりだ。【東京ウォーカー】