駄菓子で節約!? 「うまい棒」を使ったレシピ6選

写真拡大

サクッとした口あたりの生地にチーズやサラミ、めんたいこなどの色んな味わいのある「うまい棒」。「駄菓子といったらうまい棒」と答える人も多いのではないでしょうか? そんな駄菓子の代表格「うまい棒」、なんと料理の味付けや素材としても使えるんです。今回は夕食の一品はもちろん、お弁当のおかずやランチにも使える「うまい棒レシピ」を紹介します。1本たった10円(税抜)なので、節約にもなるはずですよ!

★エビマヨネーズ味うまい棒でクリーミーパスタ

材料/2人分

・うまい棒(エビマヨネーズ味)……5本
・牛乳……300cc
・パスタ……200g
・ベーコン……1枚
・粉チーズ……適量
・あれば、彩りの野菜

作り方

1.うまい棒を袋の上からつぶし、粉々にします。
2.パスタを同時にゆでておきます
3.フライパンに粉々になったうまい棒と牛乳、1cm幅に切ったベーコン、あれば彩りの野菜を入れて火にかけます。※火が強すぎると、水分が早く蒸発してしまうので、弱火でじっくり加熱しましょう。

4.うまい棒が溶け、混ぜるとフライパンのなべ底が見えるくらいまでとろみが付いたら火を止めます。
5.ゆでたパスタにからめ、塩で味をととのえてできあがり。好みで粉チーズをふっていただきます。

うまい棒は、エビマヨネーズ味のほか、コーンポタージュ味、チキンカレー味、チーズ味でもおいしいです。牛乳の半量を生クリームにすると、よりクリーミーな味わいに。ベーコンがない場合、うまい棒と牛乳だけでもOK。また、にんにく、玉ねぎをプラスすればさらに風味がアップしますよ。

★めんたい味うまい棒の炊き込みピラフ

材料/2人分

・米……1カップ(200ml)
・うまい棒(めんたい味)……2本
・水……1カップ(200ml)
・玉ねぎのみじん切り……大さじ1
・ベーコンまたはウィンナー(1cm幅に切る)……1枚または1本
・塩……少々
・バター……大さじ2
・パセリ……お好みで

作り方

1.うまい棒を袋の上から軽くつぶします。炊いているうちに溶けてくるので、粉々になるまでつぶさなくても大丈夫です。
2.あらかじめといでおいた米に玉ねぎのみじん切り、うまい棒、1cm幅に切ったベーコン、水、塩少々を入れて炊飯器で炊きます。

3.炊き上がったらほぐし、バターを混ぜます。
4.お皿に盛り付け、好みでパセリを散らして完成。

うまい棒の中でもパンチのきいた味わい「めんたい味」を使ったピラフです。濃い目の味なので、お米に炊き込んでもしっかりと味がつきます。めんたい味の代わりに「チキンカレー味」を使うと、カレーピラフに。その場合、カレー粉を小さじ1/4加えて炊くと、味がしまります。

★うまい棒のコーンスープ

材料/1人分

・うまい棒(コーンポタージュ味、エビマヨネーズ味、チキンカレー味のいずれか)……1本
・牛乳……100ml
・塩……少々
・水とき片栗粉……大さじ1
・パセリ……お好みで

作り方

1.うまい棒を袋の上から、粉々になるまでつぶします。
2.なべに牛乳、粉々にしたうまい棒を入れて加熱します。

3.ひと煮たちさせ、水とき片栗粉でとろみをつければ完成。好みで上にパセリを散らします。

時間がない朝などに重宝するうまい棒を使ったスープです。「コーンポタージュ味」を使って作ると、まさに「コーンスープ」の味わい! 「エビマヨネーズ味」はほんのりエビの風味がするホワイトソース風の味わいに、「チキンカレー味」で作ると、コーンの風味とカレー味が合わさったカレースープ風の味になります。

★うまい棒のシーザーサラダ風

材料/直径約15cmのボウル1杯分

・レタス、リーフレタス、ベビーリーフなどの野菜……80g
・うまい棒(チーズ味、やさいサラダ味、サラミ味いずれか)……1本
・ベーコン(1cm幅に切る)……1枚
・シーザーサラダドレッシング……適量

作り方

1.うまい棒はあらかじめ、袋の上から軽くつぶしておきます。
2.レタスなど好みの野菜をちぎり、ボウルに盛り付けます。
3.フライパンでカリカリになるまで炒めたベーコン、つぶしたうまい棒をトッピングします。
4.ドレッシングをかけて完成です。

シーザーサラダを食べたいけれど、クルトンがないからあきらめた……。そんな経験はありませんか? これはうまい棒をクルトン代わりに使うシーザーサラダ。ザクザクとした食感が楽しめるように、うまい棒は粗めにつぶすのがポイントです。
1番おすすめの味は、チーズ風味のシーザーサラダとも相性がいい「チーズ味」。砕いたうまい棒が粉チーズのような味になります。「やさいサラダ味」はさっぱりとした味に。「サラミ味」で作ると、スモーキーな風味がするひと味ちがったシーザーサラダになります。

★うまい棒のめんたいチキンソテー

材料/1人分

・鶏むね肉……大きめのもの1/2枚
・うまい棒(めんたい味)……1本
・マヨネーズ……大さじ2

作り方

1.うまい棒は袋の上から粉々に砕きます。
2.鶏むね肉はひと口大にそぎ切りにします。肉の繊維を断ち切るようにして切ると、やわらかく焼きあがりますよ。
3.マヨネーズにくだいたうまい棒を加えて混ぜ、そぎ切りにした鶏むね肉にまぶします

4.クッキングシートに肉を載せ、フライパンで片面2〜3分ずつ焼きます。※オーブントースターで5〜6分程度焼いてもいいでしょう。

ピリッとした味わいの「めんたい味」を使ったチキンソテーです。淡泊な味わいの鶏むね肉にめんたいこの味わいがぴったり。マヨネーズに含まれる酢の作用で鶏むね肉がやわらかく焼きあがります。冷めてもやわらかくおいしいので、お弁当のおかずにもおすすめ。好みで粉チーズを混ぜて焼いてもおいしいですよ。

★うまい棒の節約カニクリームコロッケ風

材料/俵型コロッケ10個分

・じゃがいも……400g
・かに風味かまぼこ……5本
・うまい棒(エビマヨネーズ味)4本
・牛乳……100cc
・バター……大さじ2
・玉ねぎ……1/8個分
・卵……1個
・パン粉、小麦粉……適量
・塩……少々

作り方

1.うまい棒はあらかじめ袋の上から粉々にくだいておきます。
2.じゃがいもはゆでてつぶします。
3.玉ねぎはみじん切りにし、レンジ(500W)で1分半加熱します。
4.かに風味かまぼこは1本を2〜3cmの長さに切っておきます。

5.ボウルにつぶしたじゃがいも、かに風味かまぼこ、玉ねぎ、うまい棒を入れてよく混ぜます。
6.ひととおり混ざったら、牛乳・バターを加えます。※味見をし、薄いようなら塩で調整します。
7.レンジで1分半〜2分加熱します。
8.あら熱を取ったら冷蔵庫で30分ほど寝かせます。
9.俵型に成形し、小麦粉、とき卵、パン粉をつけて、180度の油でサッと揚げて完成です。

かに風味かまぼことエビマヨネーズ味うまい棒のうま味や風味により、「言われなければうまい棒を使ってるとはわからない」と言われるほど本格的な味のコロッケに仕上がります。クリームコロッケは成型がしにくかったり、揚げるときにパンクしたりと意外と難しいもの。このレシピはホワイトソースのかわりにマッシュしたじゃがいもを使うので、成型もしやすくパンクもしにくいのがポイントです。

■うまい棒を使うときの注意点

味見して「あれ? 味がちょっと薄いかも」と感じたら、それは袋の内側に付いたうまい棒の粉を使い切っていないせいかも。うまい棒は袋の上から砕くと、袋の内側に味が濃い部分がくっついてしまいます。その部分をこそげ取るような感じで、残さず使い取りましょう。

■まとめ

うまい棒を使ったレシピ、いかがでしたか? ストックさえしておけば、さまざまなメニューにも早代わり。「駄菓子で料理」という意外性もあるので、彼とのおうちデートやおうち女子会でのおもてなしに出すとウケるかも。食感としても、風味や香り、隠し味としても使えるうまい棒で、ぜひ節約レシピに挑戦してみてくださいね

(松原圭子/フォルサ)