ぽっこりお腹に垂れたバスト……ついつい隠してしまいたくなるおばさん体型。けれど臭いものにはフタ的な服のチョイスが、おばさん体型をさらに促進してしまう原因に。おばさん体型が深刻化する前に、まずはファッションから改革しましょう!
そこで今日は、「おばさん体型を促進するNGファッション」をご紹介します。

ざっくりワンピース

楽チンだからといって、お腹まわりがゆったりとしたワンピースばかり着ているとおばさん体型まっしぐらに。ウエストをまったく締めつけない洋服を着ていると、ウエストサイズの変化に気がつくのは不可能。ウエストがどんどん太くなって寸胴体型になってしまう可能性も。
とくに気をつけたいのが出産後。ざっくりワンピースは体型の変わりやすい出産前後に重宝するアイテムですが、出産後も着続けていると、出産太りの原因になってしまうこともあるので要注意です!

フラットシューズ

フラットシューズに慣れてしまうと、ハイヒールをはくのがおっくうになってしまいますよね。でもたまにはハイヒールをはいて、ふくらはぎの筋力を鍛えることも大切。
ただしハイヒールをはいての猫背歩きは、腰や下半身への負担となり腰痛の原因となることも。筋力アップのために、ハイヒール着用時は姿勢を意識して歩くのがポイントです。

体に合っていないブラ

年齢とともに、重力から逆らえなくなってしまう胸まわりのお肉たち。脇や背中に流れてしまったバストの肉こそが、おばさん体型を促進する原因となります。
体型に合っていないブラは、胸のお肉が脇に流れてしまう大きな要因。着け心地が悪いからと避けてしまいがちなワイヤー入りブラは、胸のお肉が脇に流れるのを防止する効果があります。またブラのサイズは、きちんとお店で測ってもらうのが理想的です。

ゴムウエストのパンツ

昨年から人気の高いゴムウエストのスカートやパンツも、おばさん体型をつくる原因に。確かにゴムウエストははき心地抜群ですが、一度サボり癖がついてしまうと普通のパンツスタイルに戻るのは困難。
いつまでも女性として美しく輝くためには、「楽だから選ぶ」は厳禁。気を引き締めてくれるボタンタイプのパンツは、食べ過ぎを防止する効果もあります。

チュニック

気になるお腹まわりの肉を隠すためにチュニックを選んでいませんか? おばさん体型を防止するには「あえて見せる」姿勢はマスト。お腹まわりがピッタリとしたトップスは腹筋にかなりの自信がないと着られないので、まずはシャツスタイルからはじめてみるのが◎。
シャツをパンツやスカートにインするスタイルはお腹まわりをスッキリみせ若々しい印象を与える効果もあるのでオススメです。