北京で発表された「2016年睡眠・職業安全白書」では、中国の成人のうち「閉塞性睡眠時無呼吸」を患っている人は20.4%に上ると指摘された。資料写真。

写真拡大

北京で発表された「2016年睡眠・職業安全白書」では、中国の成人のうち「閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)」を患っている人は20.4%に上ると指摘された。中国新聞網が報じた。

生活のテンポが加速し、ライフスタイルが変化している今のご時世、様々な睡眠障害が医療・公衆衛生問題のひとつとして顕在化している。同白書は、北京大学と米ペンシルバニア大学が共同でとりまとめ、発表したもので、OSAは昼間に強い眠気をもよおす原因となる呼吸器系疾患の一種。一般的によく見られる病気だという。主な症状は、夜間の睡眠中のいびき、呼吸停止、低呼吸で、酸素欠乏状態に陥り、それによって夜中に頻繁に目覚めてしまい、睡眠が途切れてしまう。このため、昼間に強い眠気が生じる、あるいは呼吸・循環・代謝各器官に悪影響が及ぶ。

米国では、成人の26%が程度の差はあるもののOSAに罹患しているという。勤労者のOSA罹患率に関する研究によると、30歳から70歳の年齢層のうち、男性のOSA罹患率は34%、女性は17%。また、中国流行病学調査から、中国の成人の20.4%はOSAに罹患していることが明らかになった。

研究の結果、OSAは患者の健康や仕事の能率にダメージをもたらすことが判明した。また、OSAは心疾患・脳血管疾患、脳血管系疾患や代謝疾患の合併症を引き起こす可能性があるという。

白書によると、OSAには効果的な治療法が確立されている。現時点で最もスタンダードな治療法は、「経鼻的持続陽圧呼吸療法(CPAP療法)」で、治療を経て、患者の症状は大幅に改善され、生活の質もぐんと高まる。さらに、交通事故の発生率が低下し、医療保険からの拠出が減少し、仕事の能率と全体生産力が高まる。

また、白書では、「不眠/睡眠障害、昼夜逆転労働、睡眠発作なども、昼間の強い眠気の原因となる」と指摘されている。不眠症患者がうつ病を発症する確率は、健康な人の3倍に上り、患者の日常生活にマイナス影響が及ぶ。また、不眠は勤労者の仕事の効率を低下させ、ミスを犯す確率を高める。不眠症の人々が交通事故を起こす確率は、健康な人よりも明らかに高いという。(提供/人民網日本語版・編集KM)