性格美人を目指すときに、心がけたい「7つのこと」

写真拡大

心の内側から綺麗になる方法を「Higher Perspective」が紹介しています。目指せ性格美人!参考にしてみましょう。

01.
まずは自信を持つこと。
今はなくとも、虚勢を張ろう

これは、生まれたところや人種、性別、年齢に関わらず、もっとも大切な要素だ。誰よりも強くなる必要はない。ただ、アドバイスを送るとするならば、自信がつくまで虚勢を張ろうということ。

もちろん、やり過ぎは禁物。自分以外の何者かになろうとしてはいけないけれど、きっと役に立つはずだ。

02.
誠実かつ開放的であれ

魅力的な人と接しているときに大切なのは、誠実でいること。あなたらしくいながら、相手の愛情を受け止めるための準備をしよう。

ふたりとも自分に正直に居られなかったら、何がしたくて、何が不安で、何が楽しいのかわからないまま。ふたりの関係はとてもスローで手間のかかるものになってしまう。自由になろう。思いやりを持って、お互いの気持ちを“見える化”しよう。

03.
どんな状況でも、
ユーモアを忘れない!

笑って生きられるかどうかって大切。耕して、共有して、楽しんで、探しだすこと。人生は可能性に満ちていて素晴らしいものだ。気をラクにして、自分にできることをエンジョイしよう。

ユーモアさえあれば、つらいことだって乗り越えられる。相手の表情を明るくできる。

04.
情熱のない人生なんて、
あり得ない

そんなことがあってはいけない!これは、なにも週7日24時間突っ走れと言っているのではなく、ちゃんと気を配ろうということだ。

人間関係や、あなたが愛し尊敬するものが、どうしたらハッピーでいられるのかを考えていられるかどうかなのだ。

05.
“質問されたら迷うな”

すべての解を持っている必要はない。けれど、「わからない」とか「お好きにどうぞ」なんて答えてはいけない。

質問されたら迷ってはいけないのだ。もし、ズバリ答えづらい質問なのであれば、答えづらい質問なのだと説明しよう。

06.
相手にとって、
親切な人であろう

相手にとって心地よい表現ができていれば、自然にそうなっているもの。そのとき、自分の肌と声が快適かどうかに注意しよう。最初は自分の価値観を表に出し過ぎないこと。自分に抱いているイメージの大抵は考えすぎているものだから。

07.
パートナーの友だちとは、
仲良くする努力を

少なくとも誠実でいられるように努めよう。無理に友だちになることはないけれど、失礼はないように。

自分らしくいることはもちろん、パートナーのサポートもしっかりとしよう。お互いにどういう感情を抱いているか、こまめに確かめ合ったほうが吉だ。

Licensed material used with permission by Higher Perspective