「槙野は勢いだけど…」ハリルの無茶ぶりに浅野が即興でモノマネ披露

写真拡大

 日本代表FW浅野拓磨(広島)が“強心臓ぶり”を見せつけた。トゥーロン国際大会に出場していたU-23日本代表を途中離脱し、前日27日に帰国。千葉県内で合宿中の日本代表にそのまま合流すると、同日夜の食事会場で見事な一発芸を披露した。

 チームスタッフの誕生日ということでバヒド・ハリルホジッチ監督が浅野に「何かやれ」と指令。椅子を持ち出して、「ここに乗れ」と追い込んだ。「無茶ぶりですよね。何も準備していなかった」という浅野が選択したのはU-23日本代表の手倉森誠監督のモノマネ。「ミーティング中のしゃべり方というかセリフを覚えて……」という即興芸だった。

 本人は「失笑でした。そんなにウケてなかった」と謙遜したが、チーム関係者は「拍手喝采だった」と証言。これまでも代表合宿中にだれかが誕生日を迎えると、食事会場で一発芸を要求する流れになるが、たいていの選手は拒否し、最終的にDF槙野智章(浦和)に回ってくるというのが定番なのだという。

 ところが、浅野は「やります」と即答。FW本田圭佑やMF香川真司といった初対面の欧州組の前でしっかりとやり切った。FW岡崎慎司は「新しいというか、一見そういうキャラじゃなさそうなのに。五輪代表では結構やっている感じなので、今後そういうところも引き出していければ」と笑うと、「槙野は勢いだけど、どっちかというと技術派。割と作り込んでいた」と、そのネタにも感心?していた。

(取材・文 西山紘平)