中国の各大学が新入生を呼び込むために、ユニークなPRを仕掛けているようだ。写真はiPhone6sの広告。

写真拡大

中国の各大学が新入生を呼び込むために、ユニークなPRを仕掛けているようだ。あるネットユーザーが微博(ウェイボー)で最近、「貴州省のある技術職業学院の2016年の新入生募集要項を見ると、『当校を第一志望にした学生には、入学手続きをした後、iPhone6sを1台プレゼント』と書いてあった」と書き込んだ。ユニークなPRを行っているのは、この大学だけではない。

◆「火鍋」で新入生募集
15年、重慶郵電大学で新入生募集が行われた際、責任者の趙立明さんが「重慶にはおいしい軽食がいろいろあるし、火鍋もおいしい。それに、美女もたくさんいる」と宣伝していた。

◆「男神」「女神」で新入生呼び込み
15年の新入生募集シーズンには、自分の大学を志望校にしてもらおうと、中国の多くの大学が新入生争奪戦を繰り広げ、ネット上では「男神」と呼ばれるイケメンや「女神」と呼ばれる美女を「広告塔」にしたPR合戦が展開された。イケメンの男子と美人女子大生11人からなる四川電子科技大学の新入生募集画像は、当時、微博で大きな話題になった。そして、11人が「イケメン男子と美人女子大生が電子科技大学であなたを待っている、電子科技大学はあなたを大歓迎!」と呼び掛け、多くのネットユーザーから「いいね!」が寄せられた。

◆信用度の高い淘宝のショップのオーナーなら20点追加!
寧波職業技術学院は14年、新入生募集要項に「当校を志望する学生のうち、ネット通販大手・淘宝(タオバオ)のショップを経営し、信用度を表すダイヤの数が4つ以上ある場合、最高で20点追加する。そして、当校は無償で店舗を1年用意し、学生がオンラインでもオフラインでも起業できるチャンスを提供する」と記した。

◆「寮はエアコン付き」でアピール
広州の13年の大学合同新入生募集説明会で、「寮はエアコン付き」という宣伝文句をブースに掲げ、新入生を呼び込む大学があった。

◆シャコの殻剥き合戦!
浙江大学の学生が最近、微博に「海洋学院第2回シャコの殻剥き合戦」と題する画像をアップ。瞬く間にネット上で拡散し、他の大学の学生からも「参加したい」との声が次々に上がった。その他の同大学の学生も、「コンピューター学院のスマホの液晶保護シート貼り付けコンテスト」、「農学院のスイカ大食い競争」など、ユニークなイベントを紹介し、「他にもあったら紹介してね。浙江大学への入学を歓迎!」と書き込んでいる。(提供/人民網日本語版・編集KN)