オバマ大統領が核軍縮の必要性を訴え 「使えぬ」から「使える」へ

ざっくり言うと

  • 広島を27日に訪れたオバマ米大統領は、核軍縮の必要性を強く訴えた
  • しかしオバマ氏も今後30年間で1兆ドルを投じる核兵器の「再生計画」を承認
  • 専門家からは「むしろ核使用の心理的ハードルは下がった」との指摘もある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング