手倉森監督は、怪我人や戦線離脱者を脅かす選手の出現を期待していたに違いない。しかし、今回の結果では……。(C)Getty Images

写真拡大 (全2枚)

 トゥーロン国際で、U-23日本代表はなにを得たのだろう。
 
 結果を残すのは、絶対条件ではなかった。チームのレベルアップと戦力の底上げ、さらにはオーバーエイジ(以下OA)の招集が必要なポジションの見極めが、今大会のテーマである。
 
 だが、そうしたものを語る以前に、パフォーマンスが低調だった。
 
 チームでただひとりフルタイム出場した植田直通は、イングランドとの最終戦後に「今大会は勝ちたいという気持ちが、みんなすごく弱いと感じた」と話した。チームに漂う雰囲気は、まさにそのとおりだった。
 
 アジア最終予選までの主力がごっそりと欠けている今回は、多くの選手にとって千載一遇の好機である。前のめりに倒れ込んでしまうぐらいの選手が出てきてもいいはずなのだが、生き残りへの闘志を感じさせる選手はほとんどいなかった。
 
 その理由が皮肉だ。
 
 手倉森誠監督は、超がつくほどのポジティブ思考である。今大会でも「目の前で起こることは必要なこと。リオで勝つために負けさせられている。いま苦しむことが本番に生きてくる」といったメッセージをチームに発信していった。すべての試合で散見され、失点にもつながってしまった致命的なミスについても、「本大会でするよりは、こういった大会でして、糧になればいい」と割り切った。
 
 果たして、選手たちは敗戦を必要以上に重く受け止めなかった。努めて前向きに振る舞った。その代償として、試合に負けた悔しさや決定機を外した怒りを、心の内面に閉じ込めてしまった。ピッチの内外で、どこか淡々とした印象を与えていた理由である。
 
 メンバーの絞り込みはどうだったか。
 
 岩波拓也と亀川諒史の途中離脱を含め、最終予選のメンバーがほぼ抜け落ちている最終ラインでは、CB三浦弦太が辛うじて可能性をつないだ。右のファン・ウェルメスケルケン際はふたつの失点に絡み、左の三丸拡はイングランド戦でPKを献上した。どちらも攻撃力で自らをセールスしようとしたが、OAの招集が現実的なポジションとなった。
 
 MF陣で、存在感を示したのは3人だ。
 低調なチームにあって、野津田岳人はガツガツとした気持ちを感じさせた。パンチ力のある左足のシュートと、ボール際での激しい守備をアピールした。
 
 喜田拓也と井手口陽介も、戦う姿勢を示した。「相手の下にもぐりながらボールを奪うのは、喜田のインテリジェンス。井手口はひとつ目でボールを奪えなくてもふたつ目で取る」と、手倉森監督も評価する。
 
 喜田はSBとCBで、井手口はSBでプレーするなど、緊急避難時の対応力も見せつけた。対照的に、2列目右サイドで起用された前田直輝、トップ下でプレーした鎌田大地は、これといったインパクトを残せないまま大会を終えている。
 
 前線では富樫敬真が、ひとまず結果を残した。OAとの兼ね合いだが、U-23世代の優先順位としては、久保裕也、浅野拓磨に次ぐ3人目のFWに浮上した印象だ。
 
 おそらく手倉森監督は、怪我人や戦線離脱者を脅かす選手の出現を期待していたに違いない。しかし、岩波と亀川だけでなく、室屋成、山中亮輔、中島翔哉、鈴木武蔵らの回復具合が、大会前よりも気になる状況が生まれている。
 
 OAについては「もう口説きにいける」と人選が固まったことを示唆したが、U-23世代のキャスティングについては「これまで描いてきたものに、待ったがかかっている」と総括した。怪我人のコンディション次第、ということである。
 
 トゥーロン国際の一番の成果をあげるなら、OAの必要性がはっきりしたことだろう。リオ五輪でメダルを狙うなら、CB、SB、FWに経験と実績のある人材が不可欠だ。