17世紀「黒死病の村」をデータ分析してわかった「意外な感染経路」

写真拡大

17世紀にペスト感染が発生した英国のイーム村に残る記録を分析したところ、「ネズミからの感染」は4分の1にすぎないことがわかった。

「17世紀「黒死病の村」をデータ分析してわかった「意外な感染経路」」の写真・リンク付きの記事はこちら

人類の歴史のなかで、最も致死率が高く、壊滅的な被害をもたらした感染病のひとつがペストであることは間違いない。541年から767年にかけて、ユスティニアヌス帝時代の東ローマ帝国を中心に流行したペストでは、当時の人口の50パーセント近くが死亡し、ローマ帝国の崩壊を早めたと考えられている。

14世紀に流行した「黒死病」も同様で、わずか数年でヨーロッパ全体に広がり、人口の60パーセントが死亡したと考えられている。

この非常に感染力の強い病気はこれまで、ネズミの体内で細菌が繁殖し、その血を吸ったノミがその後人間の血を吸ったときに細菌を吐き出すことに関係があるとされてきた。つまり、害虫や害獣の急増によってペストが発生し、継続したと考えられてきた。ところが、17世紀に英国の小さな村で起きた感染に関する最新の分析は、これまでの考えが疑問を投げかけることになった。

英国中部ダービーシャー州のイーム(Eyam)村では、村の仕立て屋に、ノミの湧いた布がロンドンから持ち込まれたことでペストの感染が始まったと考えられている。村民の死は1665年9月から1666年10月まで続き、数百人が死亡した。この村は、村全体を隔離するという、当時ほとんど前例のない、注目すべき手段を講じ、孤立状態で生活したことで有名だ。

Eyam_Church_-_geograph.org_.uk_-_21749

イーム村の教会。死者の記録などが保存されていた。Photo: Alan Fleming/WIKIMEDIA COMMONS

この村でのペストの感染状況を新たに分析した研究グループは、ネズミから人への感染は全体の4分の1に過ぎず、残りは人から人への感染であったと推定している

研究グループは、確率的区画モデルとベイズ解析法を使って、村民の死亡記録によって明らかになった、死亡と発生経路のパターンを再現した。その結果、人から人への感染が全体の75パーセントを占めていたという。

誰が感染するかについては、年齢や貧富の状態、家族構成などが大きく影響することがわかった。感染が最も多い集団は、患者の子どもや家族だった。裕福な村民のペスト感染率が低かったのは、一般村民や害虫・害獣との接触が少なかったためと考えられる。

研究グループは、ペスト菌が広がるための主な橋渡し役となったのはシラミやヒトノミではないかという仮説を立てている。そうであれば、貧しい子どもたちの間に感染が広がったことも納得できる。遊んでいる間にアタマジラミをもらいやすいと考えられるからだ。

歴史上のひとつの感染例の分析にすぎないとはいえ、感染病経路の研究は今後の公衆衛生にも大きな意味があるだろう。

The_plague_of_Florence_in_1348_as_described_in_Boccaccios_Wellcome_L0004057-1

1348年にフィレンツェで黒死病が流行したときの様子。ボッカチオ『デカメロン』の挿絵。Image: Wellcome Images/WIKIMEDIA COMMONS