小米科技のドローンがついに登場した。ネット界で人気の同社の雷軍会長は25日に動画チャンネルの生放送を通じて、小米のドローン第1弾を発表した。機能と装備をみると、大疆創新の製品をベンチマーキングした高級ドローンだ。

写真拡大

中国のスマホメーカー・小米科技(シャオミ)のドローンがついに登場した。ネット界で人気の同社の雷軍会長は25日に動画チャンネルの生放送を通じて、小米のドローン第1弾を発表した。機能と装備をみると、大疆創新の製品をベンチマーキングした高級ドローンだ。京華時報が伝えた。

【その他の写真】

ドローンを開発したのは小米を取り巻く生態チェーン企業の一つである飛米科技。小米は今回、この特別な製品の発表の場として、初めて最初から最後まで動画の生放送という方法を試み、雷会長がずっと画面の中にいてドローンを紹介するとともにデモンストレーションを行い、ネットの人気者ぶりを改めて印象づけた。

小米のドローンの外観をみると、回転翼が4つある設計で、回転式カメラが搭載されている。雷会長は、「小米のドローンは航続距離、携帯性、高精度の撮影が可能といった点が主な売りだ。携帯性をみると、小米のドローンの部品はどれも普通のリュックに入れて持ち運ぶことができるものだ。27分間の連続飛行が可能で、ドローン製品の中でトップレベル。撮影の能力では、ソニー製4K高精細カメラと安定した標準型クレードルヘッド(雲台)を搭載する。小米の雲台は、取り外して自撮り棒に取り付け、手持ちの雲台付きカメラとして使用することもできる。セットになる自撮り棒もこれから売り出す」と述べた。

小米の製品であれば、当然のことながら価格が魅力になる。小米のドローンには2つのモデルがあり、4Kカメラモデルは2999元(約5万円)、1080pフルHDモデルは2499元(約4万1800円)で、他社の同クラス製品よりかなり安い。利用者にしてみれば、価格が安くなればドローンの購入・体験のハードルが下がることになる。雷会長の言葉を借りれば、「ドローンはもはや(金遣いが荒く品のない)金持ちのおもちゃではない」のだ。(提供/人民網日本語版・編集/KS)