ブリヂストンは、独自のICT(情報通信技術)に加えて、新たに人工知能(AI)を実装した最新鋭タイヤ成型システム「EXAMATION」を同社グループの彦根工場に初めて導入したと発表しました。

1

「EXAMATION(エクサメーション)」とは、Evolutional(革新的な)と Attractive(魅力的)、AutoMATION(自動化設備)に由来するブリヂストンの商標ということです。

同社は、今後このシステムを既存工場、新設工場などグローバルに展開していくことで、生産競争力の強化を図り、商品の高品質化を達成したいとしています。

この最新鋭タイヤ成型システム「EXAMATION」の登場で、タイヤ製造の現場がAIの利用で自動化され、タイヤ製造もAIの時代に突入したことになります。

「EXAMATION」の開発は、1990年代後半からICTや最先端技術を導入したタイヤ生産システムを研究・開発し、2002年には世界で初めて部材工程から製品検査工程までを全自動化した生産システム「BIRD」を開発したことからはじまります。

今回の「EXAMATION」には、これまで「BIRD」で培ってきたICTを進化させ、新たなコンセプト “Bridgestone Intelligent office BIO/Bridgestone Intelligent Device BID(以下BIO/BID)に基づいた生産技術を実現する独自のICTを搭載したことが特徴です。

Bridgestone Intelligent office:BIOとは、フィールド情報・設計情報と固有技術をつなぎ、知見を超えたアルゴリズムを生み出す同社の新技術群のことで、Bridgestone Intelligent Device:BIDとは、アルゴリズムに基づき生産システムを自動制御し、断トツのモノづくり力を引き出す同社の新技術群であるということです。

BIO/BIDは、高分子・ゴム・複合体の材料加工に関する知見を加えた独自のデータ解析に、生産工程等で得られる膨大な情報をビッグデータ解析し、更に技能員が培ってきた技術・ノウハウを加えた独自のアルゴリズムを搭載しています。

BIOで生み出される、これまでの知見を超えたアルゴリズムに基づき、BIDが生産システムを自動制御する独自の人工知能(AI)を搭載することで、技能員のスキルに依存してきた従来の生産工程や品質保証の判断・動作を、「EXAMATION」側で全て自動的に行うことができます。

これにより、人による様々なバラツキが極小化され、従来にない高精度なモノづくりが可能となり、更に本システムで得られた情報を、既存の成型システムや前後の工程間、製品情報など様々なデータに繋ぐことで、工場全体の工程能力も向上することができます。

最新鋭タイヤ成型システム「EXAMATION」の効果は次の3点です。

(1)品質向上

タイヤ1本あたり480項目の品質データをセンサーで計測し、リアルタイムで最適条件に自動制御する人工知能(AI)を実装し、極めて高精度なタイヤ製造が可能になり、従来製法と比べ、真円性(ユニフォミティー)が15%以上向上。

(2)高生産性

従来製法は、単一のドラム上に部材を順番に積層するため生産リードタイムにロスが生じていたのを、本システムでは、複数のドラムを配置したマルチドラム製法を採用して、部材の貼り付け動作を同時並行で行うことができ、既存成型と比べて約2倍の高い生産性を実現。

(3)自動化によるスキルレス化

従来製法は、手作業による成型が前提でしたが、本システムでは、これまで人間のスキルに依存してきた、生産工程や品質保証の判断・動作も含め、全て設備側で自動化、人の介在に伴うバラツキを抑制し、一層の品質向上が可能。

(山内 博・画像:ブリヂストン)

ブリヂストンがICTとAIを搭載したタイヤ成型システム「EXAMATION」を彦根工場に初導入(http://clicccar.com/2016/05/28/374153/)