セレブ生活求める妻としないデップ、結婚後のイメージが異なり破局か。

写真拡大

アンバー・ハード(30歳)は、ジョニー・デップ(52歳)との結婚生活が典型的なハリウッドの豪華なライフスタイルになると思っていたという。

つい先日、“和解できない相違”を理由にジョニーとの離婚を申請したアンバーは、ジョニーが自宅でリラックスすることを好むため、外に出てパーティーを楽しむ生活がしにくくなったと感じていたと言われている。

ある関係者は英紙サンに「アンバーはパーティー好きですが、ジョニーはそういう場にもう興味がないんです。自宅でまったりするか、少人数の友人たちと葉巻を吸ったり往年の映画を見たりすることを好むんですよ」「ジョニーは世界の人気者ですがバーやクラブに行くことは全く興味がないんです。アンバーはジョニーとならいわゆるハリウッドの派手なライフスタイルを満喫できると思っていたみたいですけどね。でもジョニーがそういう年頃ではないことに最終的には気づいたわけです」と話している。

2人がロンドンに持つ豪邸にアンバーが友人を招待してパーティーをした際、ジョニーがその騒音に激怒して友人たちの前で大ゲンカをしたことで、事態は悪化していたとも言われており、前述の関係者は「昨年2人がロンドンの別荘に滞在していた時、アンバーがまたもや友人たちを招待してパーティーを開いたんです。ジョニーは近くで映画撮影があったために滞在していただけだったので、その騒音に激怒したようです。そのおかげで眠れないとしてアンバーの友達の前で大ゲンカになったんですよ」と続けた。

さらにアンバーがオーストラリアに愛犬を違法に持ち込んだ一件でジョニーは嫌気がさしたそうで、「ジョニーはアンバーのおかげで自分まで馬鹿みたいな人間に見られたとして屈辱を感じたようです。彼の真面目なイメージと全く合いませんし、からかわれるのは大嫌いですからね。あの犬はアンバーの飼い犬なんですから、アンバーがちゃんと手続きをするべきだったんです」とその関係者は明かした。