スポーツを始める前にまず友人を増やす?

写真拡大

個人的な社会ネットワークの広さが大きい人、つまり友人や知人の数が多い人は、肉体的な痛みへの耐性が高い可能性がある――英オックスフォード大学の研究者らが、ユニークな研究結果を発表した。

研究者らは、脳内で機能する、鎮痛作用を持つ神経伝達物質「βエンドルフィン」が、社会的なつながりやコミュニケーションによって分泌が促進されたり、効果に変化が出るとした研究があることに注目。

「友人が多い人ほどエンドルフィンも多く、痛みに強いのではないか」との仮説を立て、これを検証するために、18〜35歳の健康な男女107人を対象に、実験を実施した。

まず、心理的傾向の調査をおこない、大まかに個人の傾向いを示す「性格5因子」(開放性、勤勉性、外向性、調和性、神経症傾向)を調査。さらにアンケートで、メールや電話、SNSなどを介して毎月、毎週連絡を取る友人の数や関係性(顔見知り程度か、親友かなど)を調査し、社会ネットワークの広さを分析した。

これらの調査後、被験者全員に壁に背中をつけ、ひざを90度曲げた状態で姿勢を維持する「空気椅子」をさせ、痛みに耐えてできるだけ長く続けるように指示。空気椅子を続けた時間を計測している。

その結果、耐久時間が長い人(痛みに対する耐性が高い人)ほど社会ネットワークが広い傾向にあり、数値的には友人が5人増えると、約0.5秒長くなっていた。ただし例外的に、「調和性」のある性格の人は、社会ネットワークが広くても、痛みへの耐性は高くなっておらず、フィットネスレベルが高い人は痛みへの耐性も高いものの、社会ネットワークが狭い傾向にあったという。

発表は、2016年4月28日、英科学誌 Nature 系列のオープンアクセス科学誌「Scientific Reports」に掲載された。

参考文献
Pain tolerance predicts human social network size.
DOI: 10.1038/srep25267

(Aging Style)