外ではおしゃれにしているのに、家の中では「誰かに見られたらヤバイ」というほど、だらしない格好をしている人。逆に、お家でもいつも完璧にしている人もいますよね。
休日、自宅で1日過ごすときにあなたはどんな格好をしていますか? 部屋着の選び方ひとつでその人の隠れた心理がわかるといわれています。

部屋着の選び方で性格がわかる!

<あなたが部屋着に選ぶのは?>
1. スウェットやジャージ
2. デニムパンツ
3. パジャマのまま
4. バッチリ隙のないオシャレ

もっともプライベートな場所、自宅の部屋で過ごすときのファッション。あなたはどんな格好をしていますか? さっそく、部屋着心理テストをチェックしてみましょう!

1. スウェットやジャージ

部屋ではゆるめのスウェット、ジャージの上下などで過ごしている。体を締め付けないゆったりシルエットのスウェットやジャージを選ぶあなたは、人生もリラックスできることが最優先。普段、ファッションで無理をしすぎている反面「家の中ではありのままの自分でいたい」という気持ちが隠れていることも。
またオンとオフの切り替えがはっきりしているタイプです。人と合うことは想定外なファッションをしている=自分本位な一面もあるようです。

2. デニムパンツ

外にも出られるデニムパンツをはいて、トップスはトレーナーやスエウットなどを着ている方も多いはず。近所までなら出かけられるスタイルを自宅でする方は、人付き合いのバランス感覚に優れています。
性格も柔軟性があるので、さまざまな人と話を合わせて気に入られるのも上手。突然のお客さんがきても大丈夫なファッションをする人は、心理状態も安定しているようです。

3. パジャマのまま

お休みだし、部屋にいるんだし。と1日中パジャマのままで過ごす人も。外では社交的に振舞っているけれど、本当は1人でいることが大好き。人に邪魔されずに、うちにこもっていたい……という願いを持っています。
外と内での落差がとっても大きく、本当は自分の世界から出たくないという気持ちが強いのだとか。休みの日に自宅にこもることで心のバランスをとっているようです。

4. バッチリ隙のないオシャレ

自宅の中でもばっちり隙のないオシャレをしている人もいます。ヘアもメイクもしっかり、いつ誰がきても大丈夫、どこへでも出かけられる感じの部屋着を選ぶ人は、外に対して警戒心があります。
誰に対しても無防備なところは見せたくない! と気張ってしまうタイプです。他人と気楽に付き合うのが苦手で、ラフな友だち関係を保つのが苦手。心を開ける友人などは少ないはずです。人見知りの可能性も高いです。

まとめ

お部屋で過ごす格好は、本当の自分の姿が隠されているといわれています。逆に部屋着選びを変えてみると、性格が変わってきたりすることもあるそうです。心のバランスを安定させたいならデニムを着用してみるのもいいかもしれません!