中国でバスや地下鉄に乗ろうとすると、混雑時には後ろから押されたり突っつかれたりすることがある。そして、バスでは降りる人がモタモタしていると運転手から「早くして」と急かされることもある。中国メディア・鳳凰網は25日、日本において注意すべき点を紹介する記事のなかで、「慌てたり急かしたりしないこと」について論じた。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国でバスや地下鉄に乗ろうとすると、混雑時には後ろから押されたり突っつかれたりすることがある。そして、バスでは降りる人がモタモタしていると運転手から「早くして」と急かされることもある。中国メディア・鳳凰網は25日、日本において注意すべき点を紹介する記事のなかで「慌てたり急かしたりしないこと」について論じた。

 記事は、日本人の社会文化において、人に催促をすることは礼儀に反する行為であると説明。日本滞在中に発生する様々な状況において「できる限り自分を焦らせないようにしなければならない」とし、典型的な例を2つ示した。

 まずは、バスの話。日本の路線バスの多くは後ろのドアから乗車し、前のドア付近に備え付けの運賃箱に運賃を入れて降りる仕組みであると説明。このような設計ゆえに下車時にはみんな比較的ゆっくり降りることになるとする一方、中国でこの仕組みを採用しようものなら運転手が「急げ」と急かし、動きのゆっくりな乗客が「待って」と焦ることになるとした。

 そのうえで、日本では完全にバスが停車してドアが開いてから席を立ち、降車するよう呼びかけられていると解説。そのため降車時にはしばしば行列ができるが、「運転手も降りたい客をちゃんと降ろしてくれるから、辛抱強く待たなければならない」と説明した。

 次は、レストランでの話だ。中国ではしばしば「ちょっと、急いでよ」といった類の文句が聞かれるが、日本のレストラン、特に懐石料理などの店では「決して催促してはならない」とした。そして、「懐石料理を食べたいなら、十分な時間を確保しておかなければならない」と呼びかけている。

 あまりにも料理が出るのが遅い場合は、日本人であっても催促することになるが、はなから「急いで出してよね」と言うのは、あまり歓迎されることではない。中国メディアや中国のネットユーザーが日本人の習慣についてしばしば「他人に迷惑をかけない」と称するのを見かけるが、日本人があまり催促したがらないというのも、この姿勢が多分に影響しているように思われる。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)