続々と登場するBMWの100周年記念車。第6弾は「BMW M6 Celebration Edition Competition」で、13台限定というレアなモデル。発売は7月9日から開始されます。

1

BMWのMモデルでは、M3セダン/M4クーペをはじめ、先日追加されたM2クーペ、M5セダン、X5M、X6Mなど多彩なラインナップになっています。

中核モデルはやはりM3/M4ですが、M5/M6はセダン、クーペ系では別格といえる存在感を放っていますし、M3/M4よりも遭遇率も大きく下がる印象。

ノーマルでも十分に羨望の対象といえる、そのM6クーペをベースに仕立てられた「BMW M6 Celebration Edition Competition」は、自慢の高回転型4.4L V型8気筒Mツインパワーターボエンジンの最高出力を40psアップの600ps、最大トルクも20Nmアップの700Nmまで向上。

その結果、0-100km/h加速はわずか3.9秒(ヨーロッパ仕様車値)というポテンシャルを発揮します。なお、トランスミッションは7速M DCTです。

動力性能強化に伴いブレーキも大幅な軽量化が図られていて、高い耐摩耗性と耐フェード性を持ち合わせた「Mカーボン・セラミック・ブレーキ・システム」を標準装備。同時に、サスペンションやステアリングにも専用セッティングが施されています。

迫力満点の外観は、「BMW Individualオースチン・イエロー」の専用ボディカラーに加え、「20インチMライト・アロイ・ホイール、キドニー・グリル・フレーム」、アウタードアハンドルなどに専用のブラック塗装が施されています。

また、カーボン・ファイバー強化樹脂(CFRP)製のリヤスポイラーやリヤディフューザーといった専用装備も迫力ある見た目も印象づけるとともに、サーキットにおける高いパフォーマンス、効果的なエアロダイナミクスを実現。

上質な内装も見どころです。イエローステッチが随所に施されたブラックの「BMW Individualレザー・メリノ・インテリア」に、「カーボン・インテリア・トリム」やアルカンタラ仕上げの「Mスポーツ・ステアリング・ホイール」の組み合わせによりスポーティかつ上質なムードを演出。

「M6 Celebration Edition Competition」は左ハンドル仕様、13台限定で価格は2321万円となっています。

(塚田勝弘)

600ps/700Nmを誇る「BMW M6 Celebration Edition Competition」はわずか13台限定(http://clicccar.com/2016/05/28/374654/)