刺激効果が高く、筋疲労が少ない低周波治療器「もみケア」

写真拡大

日立マクセルは、長年培ってきた低周波技術による治療器「もみケア」の発売を、2016年5月25日に開始した。

刺激効果が高く、筋疲労が少ないとされる1〜100ヘルツ(Hz)の低周波を採用。からだのコリをほぐす効果をもち、肩こりの緩解を促して、麻痺した筋肉の委縮予防とマッサージ効果を実現した。

肌に直接ふれるゲルシートはワンタッチで簡単に取り外しできるほか、交換用ゲルシートを用意して、家族で使い分けることもできる。

独自に開発した5つのモードで選択できるオリジナルの動作プログラムを搭載。使用する部位にあわせて、5つのモードから選択することができる。

コードレスなので、いつでもどこでも手軽に使える。充電は約500回を目安に繰り返しできるほか、ACアダプターとUSBケーブルを同梱した。色は、ホワイトとピンク、ブラックの3色。

オープン価格。