浙江省杭州市社会福利センターで24日、ある高齢者がスマート介護ロボット「阿鉄」を使い、家族とテレビ電話した。同センターはこのほど、5台の「ロボット介護士」を導入した。

写真拡大

浙江省杭州市社会福利センターで24日、ある高齢者がスマート介護ロボット「阿鉄」を使い、家族とテレビ電話した。同センターはこのほど、5台の「ロボット介護士」を導入した。スマート介護ロボットが杭州市の高齢者福祉施設に導入されるのはこれが初めて。人民日報が伝えた。

この「阿鉄」と呼ばれるロボットは、杭州市の科学技術系企業によって開発された。身長は80センチ、体重は15キロ、フル充電後の連続待受時間は72時間。管理者は携帯アプリもしくはロボットのタッチパネルを使い、高齢者への介護サービスを操作することが可能。スマート介護ロボットはすでにスマート介護、交流、遠隔医療などの各種スマート機能を持つ。さらに移動可能なテレビにもなり、高齢者を楽しませることができる。(提供/人民網日本語版・編集/YF)