夫や彼氏と口論をしたり、上司に嫌味を言われたり……毎日の生活のなかでイライラする原因はいたるところに存在します。常に平常心を保つことは容易ではありませんが、イラ立ちや不満のなかで一日を過ごすよりも、できるだけはやくハッピーな気分をとりもどしたいですよね。
そこで今日は、そんなときハッピーになれる3つの方法をご紹介します。

ステップ1: 60秒間深呼吸する

当たり前のことのようですが、気持ちが乱れたときは深呼吸をすると効果抜群。まず鼓動が落ち着くまで深呼吸を繰り返します。鼓動をききながら60秒間深呼吸をすると、鼓動がゆっくりと落ち着いてくるのが感じられます。息を吐くとき、ネガティブな気持ちや不安、痛みやストレスを吐き出すように意識して。少しするとそれまで心のなかを支配していた怒りや不満、悲しみがやわらいでいくのが感じられるはず。

ステップ2: 悲しみや怒りの原因を探る

深呼吸をして気持ちを落ち着かせたら、自分自身と向き合ってみましょう。感情にまかせて行動するよりも、怒りや悲しみの原因を見つけることこそが、解決への近道。
夫や彼氏に言われた一言が許せなかった、上司の◯◯な態度に傷ついたなど、できるかぎり具体的な理由を探っていきます。具体的な理由にたどり着いたら、なぜその言動や行為に対して怒りや悲しみを感じるのかについて考えてみましょう。
このステップは容易ではありませんが、自分自身の怒りや悲しみと直接向き合うことは、ハッピーな気分をとり戻すだけでなく、自分を成長させるためにも大切なステップ。自分と向き合うことができたら自然と気持ちがリラックスしていくはずです。

ステップ3: ハッピーを心のなかに思い描く

ハッピーな気持ちは抽象的なものなので思い描くのはなかなか難しいもの。まずは白い光や虹色の光、あたたかい色をしたハートなど、それぞれがもつハッピーのイメージを心に描いてみましょう。ハッピーのイメージが描けたら深呼吸をします。
この深呼吸1回ごとに、ハッピーのイメージが心のなかで膨張していくのをイメージしてください。すると深呼吸が増すうちに、ハッピーのイメージが心のなかでだんだんふくれあがっていきます。何度も続けるうちに、ハッピーな気持ちが胸のなかを占領。あら不思議、ハッピーな気分が心のなかに舞い戻ってきましたよ!

イライラや悲しい気持ちに心が占領されそうになったときは、だまされたと思ってぜひ試してみてください! ハッピーが心のなかに舞い戻ってくるはずです!