センス勝負。インスタに写真をアップすると世界6都市に行けるかも?  #Netflix

写真拡大

週末は、Netflix(ネトフリ)三昧。

何の予定がなくても、ネトフリがあれば、心が満たされるうえに、ワクワクドキドキできて、東京にいながら世界を旅しているような臨場感が味わえます。

本気のドキュメンタリーは、いい刺激だらけ

お気に入りは、本気のドキュメンタリーたち。画像のクオリティの高さ、ひとつのネタを深く深く掘り下げる熱量など、時間を忘れて引き込まれていきます。

なかでも、「食」にまつわるNetflixオリジナルドキュメンタリー『Chef's Table(シェフのテーブル)』は、テーマが「食」なはずなのに、まるで生き方や考え方の指南書のよう。

彼らが創り出す料理に共通するのは、色鮮やかで美しい盛り付けはもちろん、メニューが考案される背景や、料理人としての美学を伝えるドラマティック過ぎる演出。オープニングに流れるヴィヴァルディの「四季・冬」が、こんなにもクールな曲だったなんて、と思うほど!

そして、今日5月27日(金)から、待望のシーズン2が配信スタートになります。全6話のなかで選ばれたのは、バンコク、サンフランシスコ、シカゴ、メキシコ、スロベニア、ブラジルの名店で腕をふるう一流のシェフたち。プロとしての姿勢やクリエイティブへのこだわりは、シェフではない人にもいい刺激になるはず!

Instagramで、世界最高峰のレストランへ行ける!

そして今回Netflixは、最新シーズンの配信を記念して、日本、韓国、香港、台湾、インド、東南アジアで『シェフのテーブル』の専属インスタグラマーを募集すると、発表しました!

厳選な選考のうえ選ばれた専属インスタグラマーは、『シェフのテーブル』シーズン2に登場する、メキシコ、スロベニア、シカゴ、サンフランシスコ、ブラジル、バンコクの6都市にある世界最高峰のレスラトランを訪れ、華麗な受賞歴を誇る孤高のシェフを取材、世界の食通をうならせる極上の一皿を撮影・紹介し、シェフの仕事ぶりを撮影する旅をレポートするという企画。

応募方法は、以下のとおり。

(1)InstagramでNetflix Japan 公式アカウント(@netflixjp)をフォローします。

(2)料理の写真を撮影し、コメント欄に応募用ハッシュタグ「#MyChefsTable」をつけて、Instagram で投稿してください。

応募詳細はこちら>>

投稿する写真は、被写体となる料理が高級グルメである必要はなく、また自分で作った料理でなくてもOK。大切なのは、あなたにとって食べることは何を意味するのか、その思いが見る人に伝わるような、美味しそうな料理の写真であること。

料理の写真を撮影して、ハッシュタグをつけて、投稿するだけ。たったこれだけで、世界最高峰のレストランへ行けるなら、参加することの意義は大いにあります。

週末のネトフリタイム、まだまだ抜け出せそうにありません。

あわせて読みたい

・SNS時代の恋愛に鋭いアドバイス。NYも東京も悩みは同じ

・さえないオタク男子を好きになりそう。ダメダメ女子の恋愛の救い

・日本上陸のNetflix! 今すぐチェックしたいオリジナルドラマ3選

[Netflix]

この記事を気に入ったら、いいね!しよう

GLITTYの最新情報をお届けします。

FOLLOW US ON Twitter

FOLLOW US ON Instagram

文/ダーシー