また話したいと思われる、絶妙タイミング「あいづち」術

写真拡大

また話したいと思う人とあまりそう思わない人の差って、じつは誰もがやっている「あいづち」に原因があることが多いのです。自分自身のあいづちを振り返って、また話したいと思われる女性を目指しませんか。
あいづちの入れ過ぎはNG
話を聞いている証明のように入れるあいづちですが、タイミングや回数を間違えると、逆に話を聞いていない人という印象になります。下記のようなあいづちは要注意ですよ。

・あいづちのうち過ぎ
・気持ちがこもってなく同じ間隔でいれる

あいづちのうち過ぎは、「早く話を切り上げて。」や、「もういいよ。」という印象を相手に与えます。自分自身も話を切り上げたい時は、知らぬ間に多くなっている場合が多いです。また、力がなく、生返事のような同じ間隔のあいづちは、心ここに在らずなど、話を聞いていない証拠です。いくら話しかけても無理なので、大切な話は別の機会にするべき。ただ自分自身に興味がない話の場合、このようなあいづちをしがち。無意識にやっている事なので、一度振り返ってみるのもいいですね。
話をはずませるあいづちとは
この人と話したいと思われる人は、あいづちが絶妙な場合が多いです。親身になって話を聞いてくれるという印象になるあいづちは、相手も気分よく話せ、コミュニケーションがとれますよね。意識してやってみましょう。

・あいづちをうちたい場合、3回に1回にする
・同調するときは、相手の言葉をリピートする

目の前にいる相手になら表情で伝わるので、3回に1回くらい声に出してあいづちをうちましょう。また、話に同調するときや理解していることを示すには、ポイントだけリピートするのも、きちんと話を聞いてくれているという印象になります。さらに話を引き出したい場合は、「なるほど、それで? 」と、次の言葉を促しましょう。
テレビ番組のインタビューでは、編集作業があるので声に出さず、表情で相手に話を促すということをします。声に出すより、表情で促したほうが相手もほぐれるように感じました。せっかちにならず、相手の話を待つくらいの方が話が弾み、会話美人になれるようです。
photo by PIXTA
あわせて読みたい
まず自分を知る。なりたいイメージの話し方になれる秘訣
会話美人がしている、いい縁を結ぶ話し方
響かせ方を変えるだけ、3ステップで声美人になる

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。