日本は清潔な国だとはよく言われるが、中国メディアの快科技はこのほど、「日本はどうやって世界でもっとも清潔な国になったか」と題して、その理由を分析する記事を掲載した。(イメージ写真提供:(C)Phongphon Sutantayawalee/123RF.COM)

写真拡大

 日本は清潔な国だとはよく言われるが、中国メディアの快科技はこのほど、「日本はどうやって世界でもっとも清潔な国になったか」と題して、その理由を分析する記事を掲載した。

 記事は、日本の公衆トイレがいかに清潔かを紹介。社会の素養や文明度は公衆トイレに表れるとし、「世界で最もきれいで気持ち良く」、「良い匂いまでする」のが日本の公衆トイレだと紹介した。中国では、自宅のトイレはきれいにしても、公共のトイレはきれいに使わないという人がとても多い。また、芳香剤を使う習慣があまりない中国人にとって、トイレから良い匂いがすることは驚きの経験なのだろう。

 なぜ日本はそこまで清潔なのだろうか。記事は、日本人の「風呂好き」が関係していると分析。ボディクリーム、ボディーローション、制汗剤といった衛生用品の種類の多さからも、日本人が「衛生を重視していることが分かる」とした。

 ほかにも、日本は海洋性気候であり、雨が多く汚れを洗い流してくれることや、日本人は靴を脱いで家に上がる文化で、小中学校でも上履きに履き替えるため、子どものころから靴下も常にきれいにしておく習慣が身についていると指摘。「子どものころから培った文化と習慣」が日本の清潔さの理由だと分析した。

 幼い時から家庭で衛生観念や清潔さを学ぶことは重要な要素と言えるだろう。いつでも外で用を足せるようお尻が割れたズボンを子どもに履かせて、いまだに路上で用を足させる中国では、なかなか身につかない習慣と言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)Phongphon Sutantayawalee/123RF.COM)