26日、「4万年に1人の美少女」と紹介されたBEJ48メンバーに年齢サバ読み疑惑が浮上。これにより、過去にさまざまな詐称疑惑が報じられた人気タレントが再び話題になっている。写真はリー・ビンビン。

写真拡大

2016年5月26日、「4万年に1人の美少女」と紹介されたBEJ48メンバーに年齢サバ読み疑惑が浮上。これにより、過去にさまざまな詐称疑惑が報じられた人気タレントが再び話題になっている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

SNH48から誕生した新グループのBEJ48から、メンバーのスー・シャンシャン(蘇杉杉)が「4万年に1人の美少女」と日本で紹介され、中国でも話題に。当初、中国メディアは「15歳」としていたが、実は97年生まれの19歳という情報が浮上し、注目されている。

年齢詐称疑惑と言えば、有名なのが香港の女優カーマン・リー(李若[周彡])。90年代にアイドル女優として活躍後、一時は引退。生まれた年を一度も公表していないが、13年に復帰した時、「39歳の再出発」とPRしていた。しかし実際は、当時すでに46歳だったと言われている。

「バイオハザードV」「トランスフォーマー/ロストエイジ」などで知られる中国の女優リー・ビンビン(李冰冰)も、年齢について謎の多い1人。「73年生まれ」と公表しているが、実際は69年生まれとも言われ、真相は定かではない。

デビュー当時、香港理工大学出身の高学歴美女として話題になったのが、歌手で女優のジジ・リョン(梁詠[王其])。だが数年後、実際には卒業していないことが明らかになった。当時はマネジャーが、「2年間在籍したが、デビューにより学業を断念した」と話し、学歴詐称には当たらないことを説明している。(翻訳・編集/Mathilda)