27日、韓国近海で25日から行われている潜水艦救出訓練で、海上自衛隊が韓国軍の揚陸艦「独島」への乗船に難色を示したと、韓国の複数のメディアが日本の報道を引用し伝えた。資料写真。

写真拡大

2016年5月27日、韓国・聯合ニュースは、韓国近海で25日から行われている潜水艦救出訓練で、海上自衛隊が韓国軍の揚陸艦「独島」への乗船に難色を示したと、日本メディアの報道を引用し伝えた。

この訓練には日米韓など6カ国が参加、今回のホスト国である韓国が「独島」に各国関係者を招き、訓練状況を説明する計画だった。独島は竹島の韓国名。海自は「独島」への乗船が竹島領有権を主張する韓国への譲歩と取られることを避け、乗船を見合わせたものとみられる。結局これには韓国側が譲歩し、海自は別の艦船に乗り込んだ。

聯合ニュースを含む韓国の複数のメディアはこれについて、海自による「乗船拒否」との見出しで伝えた。

訓練をめぐっては、24日、海自の艦船が旭日旗を掲揚して韓国に入港し韓国で物議を醸していた。今回の「乗船拒否」については、韓国のネットユーザーが次のようなコメントを寄せている。

「韓国側が譲歩し他の船に変更だって?このごみ親日政府にはまったくあきれる」
「情けない。そうやってずっと譲歩していればいい」
「他の船に乗せたということは、独島がわが国の領土でないと認めたのか?」
「弱っちい海軍…乗らないなら乗らないで済ませる度胸もないのか?」

「またやられた!」
「こんな相手と軍事同盟なんて無理」
「国民が団結して力をつけなければならない」
「福島のメルトダウンも防げなかったくせに、つまらないことをいちいち気にするんだな」

「そのうち南北が統一されたら日本と戦争することになるだろう。日本は本当に礼儀がなってない」
「戦犯旗を掲げて来た船の入港を拒否すべきだった。日本はうまくやるなあ。なぜ僕らにはできないんだろう」
「韓国は独立をしたのやらしていないのやら…何が悔しくていまだに日本人にぺこぺこしてるんだ?」(翻訳・編集/吉金)