地獄図 ©2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation

写真拡大

宮藤官九郎監督・脚本の映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』の劇中バンド「地獄図」がテレビ朝日系の音楽番組『ミュージックステーション』に出演することがわかった。

【もっと画像を見る(7枚)】

地獄図は劇中に登場する地獄で絶大な人気を誇るロックバンド。メンバーには、長瀬智也演じる赤鬼のキラーK(Vo,Gt)、神木隆之介演じる関大助(Gt)、清野菜名演じる邪子(Ba)、桐谷健太演じるCOZY(Dr)が名を連ねている。『ミュージックステーション』の出演日は未定だが、6月中に出演する予定だ。

なお同バンドは、5月21日に東京・新木場の若洲公園で開催された『TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016』にオープニングアクトとして出演。またKYONO(WAGDUG FUTURISTIC UNITY、ex.THE MAD CAPSULE MARKETS)や向井秀徳(ZAZEN BOYS)から楽曲提供を受けた劇中歌を収めた映画のサウンドトラック『TOO YOUNG TO DIE! 地獄の歌地獄』が6月22日にリリースされる。

6月25日から全国で公開される『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』は、修学旅行中の事故によって地獄に落ちた高校生の大助が、地獄農業高校の軽音楽部顧問であるキラーKの特訓を受けて、生き返ろうと奮闘する様を描いた作品。長瀬、神木、清野、桐谷に加え、森川葵、尾野真千子、皆川猿時、古田新太らがキャストに名を連ねている。