『X-MEN:アポカリプス』でX-MENに立ちはだかる史上最強の敵アポカリプス役の吹き替えをつとめる松平健 (C) 2016 MARVEL ©ゥ 2016 Twentieth Century Fox

写真拡大

『X-MEN』シリーズ最新作『X-MEN:アポカリプス』で、俳優の松平健が日本語版吹き替え声優をつとめることがわかった。松平が洋画の吹き替えに挑戦するのは今回が初となる。

[動画]本物ソックリのアンドロイドマツケンの登場に本家・松平健もビックリ!

松平が声を演じるのは、X-MENに立ちはだかる史上最強の敵アポカリプス。アポカリプスは文明登場以前から、ミュータントの力を使い“神”として世界を支配してきたキャラクター。人間の文明が堕落したときにはそれを浄化し、新しい文明を築いてきた。そのアポカリプスが、数千年の眠りから目を覚まし、現在の文明が間違った方向に発展したと考え、新たな秩序をもたらそうと世界の破滅を目論むのだ。演じているのは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のオスカー・アイザック。

今回は絶対的な存在として古代から世界に君臨する“神”アポカリプスと、芸能界で長きに渡って活躍を続ける松平との存在感が合致し、起用が実現したという。

洋画の吹き替えが初となる本作での声優出演に、松平は「何しろ初挑戦なので、全力でつとめたい」とコメント。アポカリプスという最強の悪役を担当することに関しては「自分の中では世界各国が核開発を進め、互いにけん制しあい間違った方向へ進んでいる人間社会を滅ぼすというアポカリプスの中での正義という気持ちです。ただそれが人間やミュータントと対立しあう結果につながるわけですが、大いに暴れたいと思います」と述べている。

『X-MEN:アポカリプス』は8月11日よりTOHOシネマズ スカラ座ほかにて全国公開となる。

【関連記事】
『X-MEN』最新作に史上最強のミュータント・アポカリプスが登場!
ついにウルヴァリンも登場!?『X-MEN:アポカリプス』最新予告編解禁!
最強のミュータント・アポカリプスが全てを破壊!『X-MEN』最新予告編
[動画]映画『X MEN:アポカリプス』予告編