圧巻の64で首位に躍り出たキムキョンテ(撮影:福田文平)

写真拡大

<〜全英への道〜 ミズノオープン 2日目◇27日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(7,415ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー『〜全英への道〜 ミズノオープン』2日目。今季早くも2勝を挙げ、賞金ランク1位につける金庚泰(キム・キョンテ/韓国)が“64”のビッグスコア。3アンダーから一気にトータル11アンダーに伸ばし、2位の朴相賢(パク・サンヒョン/韓国)に3打差をつけ、単独首位に浮上した。
【関連】国内男子ツアーフォトギャラリー
 昨季の賞金王が抜け出す展開のなか、喰らいついている日本勢は23歳の今平周吾。4打差・トータル7アンダーから逆転でのツアー初優勝を狙う。
 また初日1オーバー・60位タイと出遅れた昨年度覇者でホストプロの手嶋多一はトータル1アンダー・21位タイに浮上し、予選を通過した。
【2日目順位】
1位 :金庚泰(-11)
2位 :朴相賢(-8)
3位 :今平周吾(-7)
4位T:李尚熹(-6)
4位T:谷原秀人(-6)
6位 :M・ヘンドリー(-5)
7位T:小平智(-4)
7位T:近藤共弘(-4)
7位T:高柳直人(-4)
<ゴルフ情報ALBA.Net>