世界に例のないメンの、メンによる、 メンのためのミュージカル動画

写真拡大

カップめんや袋めんのイメージを訪ねると、「添加物が心配」「栄養バランスが悪いのでは?」「油が多いのではないか?」といった意見が多く挙がっています。

しかし、日本即席食品工業協会によると、そのほとんどは誤解! 「添加物に関しては、厚生労働省の厳しい審査をクリアし、食品衛生法で認められた天然成分由来のものを使用しています。現在販売されている即席めんは、安心で安全な食品です」と、言っています。

撮影期間12日間、撮影時間150時間、総カット数3000カット以上

せっかく安全でおいしいのに分かってもらえないのは悲しい......! ということで、誤解を解くため、「キャラ弁」ならぬ、「キャラめん」が立ち上がりました。

17人の「キャラめん」たちが、自分たちへの誤解を払しょくするために歌う、世界に例のないメンの、メンによる、 メンのためのミュージカル動画「We are the Noodle!」が公開されたのです。2016年5月6日には、特設サイトもオープンしています。

ストーリーは、アパートの一室でカップめんの"ラーメン一郎"が、即席めんに対する誤解を正すために歌い出すところから。登場するのは、ラーメン、スパゲティ、焼きそば、カレーうどんなど、個性豊かなキャラクターたち。

安全でおいしいこと、国が定めた厳しい基準をクリアした印である「JASマーク」を付けていることなどを、コミカルな歌にのせ歌い上げます。

実はこのアニメーション、全2分15秒なのですが、撮影期間12日間、撮影時間150時間、総カット数3000カット以上という大作です。

1コマ1コマ、アニメーターが具を動かして作っています。即席めんが本当に生きているようなリアリティ、動画で確かめてみて。

特設サイトでは、キャラめんメンバーの紹介や、もっと栄養が摂れるインスタントラーメンレシピなども掲載。野菜と一緒に摂ると見た目もゴージャスになって栄養素もたっぷり摂れます。今日の"ひと品"に役立ちそうです。便利な食品だからこそ、野菜をうまく活用して上手に付き合っていきたいですね。

詳細は、特設サイトから。