ペアルックで登場!よーく見ると着こなしがちょっと違う(撮影:上山敬太)

写真拡大

<リゾートトラスト レディス 初日◇27日◇グランディ鳴門ゴルフクラブ36(6,524ヤード ・パー72)>
 徳島県にあるグランディ鳴門ゴルフクラブ36を舞台に開幕した「リゾートトラスト レディス」初日。同組ペアルックで登場した菊地絵理香、成田美寿々の2人が共にトータル4アンダーの2位タイスタートを決めた。
まだまだあります!菊地絵理香と成田美寿々のペアルック
 「調子の悪かったショットがようやく上向いてきた」という菊地は、2アンダーで迎えた17番でチップインバーディ。さらに、多くの選手が苦戦した18番では150ヤードの距離から30cmにつけてOKバーディとし一気に上位戦線に顔を出した。
 対する成田は3連続ボギーと苦しい立ち上がりだったが、「今日はパターが良かった」とそこから7バーディの猛チャージ。「やっとショットと噛みあってきた。不安なくできた」と脅威のカムバックで首位と1打差につけた。
 共に23区ゴルフとウェア契約を結んでいる菊地と成田は、昨年の「サントリーレディス」で予選ラウンド同組になった際に示し合わせてペアルックで登場。また「伊藤園レディス」で同じペアリングとなった時も同様におそろいのウェアでプレーした。
 半ば“恒例行事”となったペアルック。2016年初となる今回は菊地から声をかけた。成田は言う。「水曜にペアリングを見たら一緒だったので、明日声かけようかなぁと思っていたら絵理香さんの方から連絡がきた」。話し合ってポロシャツ、ベルト、スカートを揃えたが、良く見ると長袖のアンダーウェアを着て襟を立てている菊地と、腕を出して襟を寝かせた成田とそれぞれが違った着こなしというのも面白い。
 これまでサントリー-では成田が首位発進、伊藤園-は菊地が9位タイ発進を見せたが、そろって好スタートを切るのは初めてのこと。ちなみにスカートでそろえるのも今回が初めてだった。以前はあまりスカートをはかなかった成田だが、最近はチョイスすることも増えて「もう慣れてきてやりづらさもないですね」と納得のコーディネートだったようだ。
 2人が身にまとうウェア・23区ゴルフのコンセプトの1つは“遊び心”。残念ながら明日のペアリングは別々となってしまったが、明日からもゆとりとしゃれ気を持ち合わせた2人が徳島を熱くする。
【初日の順位】
1位:全美貞(-5)
2位T:ポラニ・チュティチャイ(-4)
2位T:成田美寿々(-4)
2位T:菊地絵理香(-4)
2位T:森田遥(-4)
6位T:佐伯三貴(-3)
6位T:イ・ボミ(-3)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【キム・ハヌルコラム第13回】
1週間ぶり出場のイ・ボミはネガティブモード「明日からが心配です…」
テレサ・ルー、史上初となる異なる3会場での3連覇に挑む
飛ばし屋も苦しむ強風 グランディ鳴門ゴルフクラブ36ってどんなとこ?
野村敏京は9番途中で棄権 スタート前から異変も